88式地対艦誘導弾

88式地対艦誘導弾88式地対艦誘導弾
88式地対艦誘導弾|走行時88式地対艦誘導弾|走行時
88式地対艦誘導弾|後部ランチャー後部ランチャー
88式地対艦誘導弾|後部ランチャー後部ランチャー
88式地対艦誘導弾|車体側面車体側面
88式地対艦誘導弾|車体正面車体正面
88式地対艦誘導弾|射撃体勢移行射撃体勢移行
88式地対艦誘導弾|資料館展示資料館展示
88式地対艦誘導弾|観閲行進観閲行進
装備品性能詳細
制式化 1988年
価 格 約196億円
(システム一式・1個連隊)
誘導弾全長 約5000mm
誘導弾直径 350mm
誘導弾重量 660kg
有効射程 約150~200km(推定)
飛翔速度 約1150km/h
誘導方式 慣性誘導+アクティブ・レーダー・ホーミング
システム構成
  • ・誘導弾発射機×16基
  • ・誘導弾装填機×16基
  • ・誘導弾×96発
  • ・捜索・評定レーダ装置×12基
  • ・レーダ中継装置×12基
  • ・指揮統制装置×1基
  • ・射撃統制装置×4基
これらを1システムとして運用
開 発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁)
製 造 三菱重工業
装備品概要解説
88式地対艦誘導弾88式地対艦誘導弾

航空自衛隊のF-1支援戦闘機に搭載されていた80式空対艦誘導弾ASM-1を、地上発射用に改良した自走式の地対艦誘導弾システムです。

1979年から開発が始まり1988年に制式化され、誘導弾(ミサイル)自体はASM-1と同様のものが使われていますが、地上発射のため誘導弾のエンジンに改良が加えられています。

改良としては、地上から撃ち出すため、誘導弾後部にロケットブースターが追加され、エンジンも固体燃料ロケットモーターからターボジェットに換装して有効射程を延長しています。
ロケットブースターの推進剤が尽きるとターボジェットに切り替わって飛翔していきます。

誘導弾発射機の構造として、74式特大型トラックの荷台部分に誘導弾(ミサイル)を6発格納できる円柱状のランチャーを搭載しています。

88式地対艦誘導弾のシステム構成として、誘導弾(ミサイル)を撃ち出す「誘導弾発射機」×16基、その誘導弾を装填する「誘導弾装填機」×16基、搭載され発射される「誘導弾」×96発、これらの車両は74式特大型トラックが使われます。

さらに敵艦艇を探索する「捜索・評定レーダ装置:JTPS-P15」×12基、「レーダ中継装置:JMRC-15」×12基、「指揮統制装置」×1基、「射撃統制装置」×4基。
これらすべてを一式のシステムとして運用するため、大規模な部隊展開が必要になります

システムの運用方法として、接近してくる敵艦艇に対して海岸付近までレーダー装置を展開。
その捜索・評定情報を中継して伝送し、内陸部に展開している誘導弾発射機から射撃します。

打ち出された誘導弾は、事前にプログラミングされたコースに沿って、山腹を迂回、洋上に出て目標に到達して撃破します。

目標接近時には誘導弾自体に搭載されたレーダーが探知して、アクティブレーダーホーミングにより誘導されて到達させる様になっています。

北部方面隊(北海道)を中心とした地対艦連隊に配備されていますが、88式地対艦誘導弾(改)として開発されてきた新装備の12式地対艦誘導弾の配備が始まっています。