陸自調査団 陸上自衛隊装備品障害処理・敷設

92式地雷原処理車

92式地雷原処理車92式地雷原処理車
92式地雷原処理車|処理ロケット投射処理ロケット投射
92式地雷原処理車|処理ロケット発射機ロケット発射機
92式地雷原処理車|発射機後部発射機後部
92式地雷原処理車|発射機(射出口)発射機(射出口)
92式地雷原処理車|発射機(装填口)発射機(装填口)
92式地雷原処理車|制動索付き制動索付き
92式地雷原処理車|制動索制動索
92式地雷原処理車|車体前面車体前面
92式地雷原処理車|車体前面車体前正面
92式地雷原処理車|車体後方車体後方
92式地雷原処理車|投射姿勢投射姿勢
92式地雷原処理車|陣地進入陣地進入
92式地雷原処理車|運搬車搭載運搬車搭載
92式地雷原処理車|観閲行進観閲行進
92式地雷原処理車|観閲行進観閲行進
処理ロケット投射
92式地雷原処理車|処理ロケット投射処理ロケット投射
92式地雷原処理車|処理ロケット投射処理ロケット投射
92式地雷原処理車|処理ロケット投射処理ロケット投射
92式地雷原処理車|処理ロケット投射処理ロケット投射
92式地雷原処理車|処理ロケット投射処理ロケット投射
92式地雷原処理車|障害処理終了障害処理終了
92式地雷原処理車|処理ロケット投射処理ロケット投射
92式地雷原処理車|処理ロケット投射処理ロケット投射
ベース車両
73式牽引車73式牽引車
装備品性能詳細 92式地雷原処理車
制式採用 1992年
価 格 約2億6000万円
全 長 7.63m
全 幅 3.00m
全 高 2.77m
全備重量 約25.0t
最高速度 約50km/h
乗 員 2名
搭載機関 デトロイト・ディーゼル8V-71YT
水冷2サイクルV型8気筒 ターボチャージドディーゼル
出 力 411PS/2300rpm
装 備 92式地雷原処理ロケット ×2
開 発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁)
製 造 IHIエアロスペース
(旧:日産自動車 宇宙航空事業部)
92式地雷原処理ロケット
弾体全長 約4700mm
弾体直径 約400mm
弾体重量 約1t
搭載爆薬 弾体内部にワイヤーに接続された26個の爆薬を内蔵
処理能力 長さ:約300m×幅:約5m
装備品概要解説
92式地雷原処理車92式地雷原処理車

前進する部隊を妨害するため敷設された地雷原を爆破・啓開する自走式の地雷原処理装置。1988年から開発が始まり1992年に制式採用された施設科部隊の装備です。

これまでにも棒の先端に爆薬を付けた爆薬筒や組み立て式の爆薬投射機"70式地雷原爆破装置"など、地雷原を爆破処理する器材はありました。ですが70式地雷原爆破装置での導爆索投射でも長さ約100m × 幅約0.5mの人員通路までしか地雷原啓開ができませんでした。さらに車両が通れる様にするには追加での爆破処理やブルドーザーなどの重機で道を広げる必要がありました。
そこで一度の爆破処理で車両を通過させられる機材として92式地雷原処理車が導入されることになります。また同時に導入された地雷原処理システムとして90式戦車に搭載して使用する"92式地雷原処理ローラー"も開発されています。

車体構造

車体構造として、73式牽引車の車体をベースに地雷原処理ロケットを2発格納できる発射機(ランチャー)を上部に搭載。エンジンには同じく73式牽引車を基本構造としている87式砲側弾薬車と同様のデトロイト・ディーゼル社製が使われています。

そのため不整地でも約50km/hでの速度で走行できる機動力あり戦車などの機甲科部隊と共に行動できるので、必要な時に地雷原を無力化して部隊前進を支援できます。
その機甲科部隊に随伴して行動するため車体には装甲が施され、機関銃等の自衛火器はありませんがレーザー検知器と連動した発煙弾発射機(スモーク・ディスチャージャー)を搭載。ロケット投射操作も車内から行えるので搭乗員の生存性も確保されています。

他にも車体前部には排土板(ドーザーブレード)も備えられています。

地雷原啓開
92式地雷原処理車|投射体勢投射体勢

92式地雷原処理車の地雷原啓開方法として、まず地域展開後に地雷原処理ロケットを格納した発射機(ランチャー)を起こして投射体勢をとります。

準備完了後、処理ロケットを投射。発射から2秒ほどでブースターの燃焼が終わり慣性で飛翔を続けます。
ロケット内部から制動用パラシュートが展開。26個の爆薬付きのワイヤーが引き出され地雷原へと落ちていきます。この時にロケット本体と処理車が制動索で繋がっているので、規定距離まで伸びた爆薬付きワイヤーを車体で制動させてピンッと線状に張られた状態で落下させられます。 最後に爆薬を起爆させて処理完了となります。

地雷原啓開能力としては、連結できる爆薬力の最大量で"長さ約300m×幅約5m"の範囲を一度に爆破処理できます。
東富士演習場で行われる富士総合火力演習や第7師団・東千歳駐屯地創立記念行事では、通常の1/4程度の爆薬量の演習弾による処理ロケットの投射と爆破啓開が見られます。実際の爆薬量ではありませんが起爆時には衝撃波(ソニックブーム)が目視でわかるほどです。

全国の施設科部隊に配備されています。