防衛省・自衛隊リンク集

防衛省・自衛隊と関連した関係機関へのリンクです

国防を担っている防衛省と各陸海空自衛隊に関連した公式サイトへのリンクをまとめています。
装備品の研究・開発や情報・監査を行う機関サイト、隊員や学生への教育を行う機関、一般の方々へ、自衛隊の理解を深めてもらうためにある広報館や各地本事務所へのリンクも掲載してあります。
陸上自衛隊関連と関東近郊地域を主体に集めていますので、自衛隊関連機関や施設サイトはこの他にも多数あります。

各項目別リンクへ移動
防衛省・自衛隊機関

防衛省直下の陸海空自衛隊と統括する幕僚監部などの公式サイトで、防衛省では防衛大臣の発表内容や、演習・災害派遣状況などが随時掲載されて、各自衛隊には装備品や記念行事などの情報もまとめられています。

防衛省教育・研究機関

防衛省には情勢により変化する脅威に対して、自衛隊が使用する装備品を研究・開発する機関もあり、装備品の調達は防衛装備庁に一本化され調達や部隊ニーズにあった体勢へ改善されました。
これから自衛官を目指す若い人材を育てるための教育機関も防衛省・自衛隊にはあります。

陸海空自衛隊広報館

創立記念行事や航空祭などで自衛隊施設に入って隊員の方々と触れる機会は、年に数回程度ありが、日頃から一般に自衛隊の活動や組織を理解してもらう場所として、広報館が各自衛隊にはあります。
申し込み不要でいつでも訪れる事のできる、開かれた施設へ行ってみて下さい。

地方防衛局

防衛省・自衛隊には各地域9箇所に設置された「防衛局」という組織があり、自衛隊・米軍と地域住民とを繋ぐ架け橋となりっています。
基地や駐屯地周辺地域との騒音問題や在日米軍との地域関係の対応なども、ここが行っています。

自衛隊地方協力本部

地方協力本部は各地域に地本事務所を置き、現役自衛官や退官後の隊員のサポートや自衛官募集などを行い、自衛官になりたいけどどんな仕事内容でどうやってなれるのかなど、相談できる場所でもあります。
陸海空自衛隊の共同機関のため、地本企画イベントには駐屯地見学や航空機体験搭乗、艦艇体験航海など様々行われます。

東部方面隊 東北部方面隊 中部方面隊 西部方面隊
自衛隊音楽隊

日本の自衛隊だけではなく各国の軍隊でも、音楽隊は隊員や兵士の意識を高めるため重要な存在で、自衛隊音楽隊でも国賓を迎えるための行事での演奏や、記念式典での演奏なども実施しています。
一般の方々が気軽に観賞できる演奏会も定期的に開催され、年数百という演奏任務を行っています。

陸上自衛隊関連

自衛隊の中で外国から攻め込まれた場合の最後の砦となるのが陸上自衛隊で、国防から災害派遣、近年ではPKOなどの国際支援活動への派遣も多くなりました。
即応対応する部隊を首都近郊に配置して北部・西部方面へも、地域情勢に対応した部隊が置かれています。

陸上自衛隊の各部隊に配属された隊員に、戦闘車両や航空機などの操縦や整備を教えるための教育機関があり、日本に150以上の駐屯地の中に教育学校も置かれています。
各地の駐屯地は地方方面隊によりまとめられ、それぞれの任務を行います。

教育・養成・医療

車両や航空機などの操縦や整備、輸送や後方支援への教育が行われる教育部隊で、それぞれ専門の教育部隊には厳しい指導や訓練を監督する教導団がいます。

方面隊

北海道から沖縄までを5つの防衛担当地域に分けて、駐屯地や部隊をまとめるのが方面隊で、首都圏は東部方面隊、北方警備を北部方面隊、西方の離島や海域を西部方面隊が守っています。

師団・旅団・連隊

日本のそれぞれの地域には独立した作戦行動を行える「師団」が置かれ、駐屯地には司令部があり、その師団の下が「旅団」で師団よりも小さい単位での作戦を実施します。

師 団 旅 団 連 隊
海上自衛隊関連

海に囲まれている日本を護衛艦や潜水艦などで海外の脅威に対して防衛しているのが海上自衛隊で、戦闘を行う護衛艦以外にも機雷を除去する掃海艇や車両や物資を運搬する輸送艦なども保有しています。
海上自衛隊でも各地域で艦艇公開や体験航海イベントを実施しています。

地方隊・基地隊

海に面した主要地域には地方隊や基地隊が置かれて各艦艇が所属していて、地方隊では艦艇公開などのイベントを実施して地域との交流も行っています。

航空基地

海上自衛隊は艦艇だけではなく多くの航空機を使用して任務を行っていて、地上の航空基地で艦載機の管理や整備を行い、大型の哨戒機などはこの基地から飛び立ちます。

術科学校

艦艇のエンジン整備や操舵方法などを学ぶ教育学校で、幹部候補生や海曹士を育てるために多彩な40以上の課程を学びます。

航空自衛隊関連

航空機やミサイルなどの脅威に対して空の防衛任務を担当しているのが航空自衛隊で、領空侵犯をした外国の航空機に対して1分以内に離陸準備をしてスクランブル発進を行います。
近年では弾道ミサイルに対する防衛任務が増え、高射特科郡が警戒監視に当たっています。

航空方面隊
基地・分屯基地

各地域に適した航空機を配置して様々な警戒監視や輸送任務を行う航空自衛隊の基地で、自衛隊だけの基地以外にも民間空港と滑走路を共同利用する所もあります。
またパトリオットなどを運用する高射特科やレーダー施設が置かれている小規模施設が分屯基地で、基地・分屯基地共に航空祭や記念行事が開催される時には、一般の方々が基地に入る事ができます。

基 地 分屯基地
自衛隊応援クラブ|DSC