陸自調査団【自衛隊の広報館・資料館

りっくんランド
陸上自衛隊 広報センター

陸上自衛隊 広報センター りっくんランド

陸上自衛隊 広報センター陸上自衛隊 広報センター

陸上自衛隊広報センターりっくんランドは東京都練馬区にある朝霞駐屯地隣接の陸上自衛隊PR施設です。

戦車や装甲車などの装備品、自衛隊の歴史等の資料、3Dシアターなど「見て・さわって・体感」できるのがコンセプト。また各月ごとに様々な催しも企画されてイベントが開催されています。

車両搭乗体験や音楽演奏会、季節イベントなどが定期的に行われ、幅広い年代の方々が自衛隊を体験して知れる貴重なひとときになっています。

りっくんランドイベントお知らせ

りっくんランドで開催予定のイベントお知らせです。(現在もイベント含めて事前申し込みが必要です)

  • 2022年5月イベント
  • ヘリコプター体験搭乗
  • 2022年5月21日(土)
  • ※申込:4/15(金)~4/22(金)まで
  • ※条件:12歳以上~32歳以下の方
りっくんランド公式サイトはこちら

入館方法・開館日時

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2021年4月24日(土)から臨時休館していました。
「2021年6月21日(月)」から、りっくんランドは再開館しています。

2022年3月現在も陸上自衛隊 広報センター りっくんランドは、新型コロナウイルスへの感染防止対策として、来館の際には「事前予約(来館日の7日~3日前まで)」が必要になっています。

開館日時

  • ■当面の開館時間
  • 午前の部:10:00~11:30
  • 午後の部①:13:30~14:50
  • 午後の部②:15:20~16:40

※2022年1月14日(金)の予約から午後の部が2回の開館となっています。

  • ■休館日
  • 月曜日・火曜日・年末年始

休館日が祝日の場合など開館日が異なることがあります。
予約・来館前に公式サイトの「開館カレンダー」をご確認ください。

来館予約の方法

来館を希望される方は、りっくんランド公式サイトの「来館予約」からお申し込みください。
来館希望日の7日~3日前までに予約してください(当選された方のみ2日前までにメールが届きます)。

りっくんランド公式サイト:来館予約はこちら

りっくんランド公式サイトの
ご来館予約に当たってのお願い」「ご来館に当たってのお願い」もご確認ください。

見学・展示内容

りっくんランドには、センター館内1階・2階に装備品や体験・歴史展示など。
屋外には、自衛隊歴代の戦車や自走砲などの試作機などが展示されています。
また、第2駐車場の奥側に、旧陸軍予科士官学校や朝霞の歴史などが見学できる「振武台記念館」があります。

りっくんランド入館~エントランス

陸上自衛隊 朝霞駐屯地正門入口手前を右手方向へ。りっくんランドの入口と第1駐車場が見えてきます。
第1駐車場には、イラク派遣使用の軽装甲機動車(LAV)96式装輪装甲車(WAPC)が展示されています。
このWAPCは、元々イベント広場で屋外展示されていた車両で、90式戦車の屋外展示にあわせて修繕され、この場所に再展示されました。

りっくんランドりっくんランド
第1駐車場:軽装甲機動車軽装甲機動車
第1駐車場:96式装輪装甲車96式装輪装甲車
広報センター入口広報センター入口
入口のヒヨコ隊員入口のヒヨコ隊員

広報センター館内:1階

入口を入って受け付けをすぎると売店SAKURAとイベントホールが見えてきます。
左手方向の1階展示・体験エリアすぐに、防弾チョッキや鉄棒、空挺傘(パラシュート)等の装具展示があります。銃火器もガラスケース内に91式携帯地対空誘導弾5.56mm機関銃MINIMIなどを見られます。

一番目を引くのが、新展示の16式機動戦闘車対戦車ヘリAH-1Sコブラです。
他にも、偵察用オートバイ、ガスマスク、戦闘糧食などなど、館内1階だけでもたくさんの展示を見学いただけます。
3Dシアター、記念写真撮影装置(プリクラ)、シミュレーターなど、見て・体験できる展示がいっぱいあるよ!

装具展示装具展示
装具と3Dシアター装具と3Dシアター
上部の空挺傘上部の空挺傘
16式機動戦闘車16式機動戦闘車
対戦車ヘリコプター対戦車ヘリコプター
銃火器展示銃火器展示
偵察用オートバイ偵察用オートバイ
戦闘糧食展示戦闘糧食展示
2階から見た館内展示2階から見た館内展示
記念写真撮影装置記念写真撮影装置

広報センター館内:2階

16式機動戦闘車横の階段で2階に上がると、通路に「地方協力本部コーナー」があります。再開館後に新設された展示で、各地本のキャラクターが見られます。個人的にはとても好きなコーナーです。

地本(チホン)コーナーを過ぎると、大きな地球のオブジェが見えてきます。全国の師団・旅団・駐屯地などの説明を知ることができます。
この地球の右方向に「陸上自衛隊のあゆみ・遺産コーナー」があります。
自衛隊とオリンピックとの関わりなどが見られ、1964年の東京オリンピックの聖火やメダル、各支援の紹介など。2020オリンピックの紹介も新設されています。

2階は、自衛隊について見て、学べるエリアです。VRゴーグルを装着した体験も2階にあります。

地本(チホン)コーナー地本(チホン)コーナー
各地本キャラの紹介各地本キャラの紹介
東京地本の紹介東京地本の紹介
陸上自衛隊のあゆみ陸上自衛隊のあゆみ
自衛隊とオリンピック自衛隊とオリンピック
ライフハックコーナーLifeHackコーナー
2階のフォトスポット2階のフォトスポット
2階の穴場スポット2階の穴場スポット

広報センター:屋外展示

広報センター館内からイベント広場に出るとイベント広場があります。このオープンデッキと芝生のある広場に装備品が屋外展示されています。
最新の10式戦車から74式戦車までの歴代戦車。90式戦車もリニューアル後のから屋外展示になりました。

他にも中距離多目的誘導弾87式自走高射機関砲、無人偵察機、自走榴弾砲など。地下指揮所もありますが、現在は見学中止になっています。

戦車等屋外展示戦車等屋外展示
3世代戦車の展示3世代戦車の展示
87式自走高射機関砲・地雷敷設装置87式自走高射機関砲等
自走榴弾砲自走榴弾砲
中距離多目的誘導弾中距離多目的誘導弾
多用途ヘリコプター多用途ヘリ
無人偵察機FFOS無人偵察機
イベント広場イベント広場

振武臺記念館

イベント広場を抜けて第2駐車場の奥側に「振武臺記念館」があります。
この建物は、座間にあった陸軍士官学校の皇族舎を移築した歴史的にも貴重なものです。

館内には旧陸軍予科士官学校の資料、朝霞の歴史、旧日本軍の史料などが多数展示されています。入ってすぐの部屋で館内説明映像を見てから見学すると、より展示内容が理解しやすくなります。
記念館前の門柱は数トンある石柱を重ねた正門。九九式十糎山砲(105mm砲)など、建屋周辺にも見ておきたい資料が色々とあります。

振武臺記念館(裏側)振武臺記念館(裏側)
振武臺記念館振武臺記念館
振武臺記念館(正面)振武臺記念館(正面)
正門門柱正門門柱
十糎山砲十糎山砲
十糎山砲十糎山砲
記念館周辺記念館周辺

※館内は撮影禁止です(建屋の外観などは撮影可能です)。
※館内は飲食禁止、土足禁止(スリッパが用意されています)です。
※現在は隊員同行の説明ツアーは中止で、自由見学のみになっています。

アクセス

  • ■所在地
  • ●陸上自衛隊 広報センター
     (東京都 練馬区 大泉学園町)
  •  ※公共交通機関もあわせてご利用ください
  • 【アクセス:電車】
  • ●東武東上線/東京メトロ「和光市駅」南口 ~ 徒歩約20分(約1.2km)
  • ●東武東上線「朝霞駅」南口 ~ 徒歩約20分(約1.2km)
  • 【駐車場】
  • 無料でご利用いただけます
  • 駐車台数:約100台
  • 【駐輪場】
  • 駐輪場も無料でご利用いただけます

お問い合わせ

【陸上自衛隊 広報センター】
 電話:03-3924-4176 (FAX兼用)
 メール:prcenter_ea@inet.gsdf.mod.go.jp

公式サイト・SNS

→【りっくんランド公式サイト

→【りっくんランド売店:SAKURA公式Twitter