87式自走高射機関砲

87式自走高射機関砲87式自走高射機関砲
87式自走高射機関砲|駐車状態87式自走高射機関砲|駐車状態
87式自走高射機関砲|操縦席操縦席部分
87式自走高射機関砲|レーダー部分レーダー部分
87式自走高射機関砲|35mm機関砲35mm機関砲
87式自走高射機関砲|車体部分車体部分
87式自走高射機関砲|車体後方車体後方
87式自走高射機関砲|装備品展示装備品展示
87式自走高射機関砲|装備品展示装備品展示
87式自走高射機関砲|広報センター展示広報センター展示
87式自走高射機関砲|通常走行通常走行
87式自走高射機関砲|陣地進入陣地進入
87式自走高射機関砲|砲塔旋回砲塔旋回
87式自走高射機関砲|砲塔後方旋回砲塔後方旋回
87式自走高射機関砲|観閲行進観閲行進
87式自走高射機関砲|観閲行進観閲行進
87式自走高射機関砲|観閲行進観閲行進
87式自走高射機関砲|観閲行進観閲行進
87式自走高射機関砲|水平実弾射撃水平実弾射撃
装備品性能詳細
配 備 1987年
価 格 約15億円
全 長 7.99m
全 幅 3.18m
全 高 4.4m(起立時)
全備重量 約38t
最高速度 53km/h
航続距離 約300km
乗 員 3名
搭載機関 三菱10ZF22WT
空冷2サイクルV型10気筒
ターボチャージドディーゼル
出 力 720PS/2200rpm
射 程 約4km
発射速度 1100発/分
(1門500発/分)
武 装 エリコンKDA
90口径35mm機関砲 ×2
開 発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁)
製 造
  • 車 体|三菱重工
  • 砲 塔|日本製鋼所
  • 射撃統制装置|三菱電機
装備品概要解説
87式自走高射機関砲87式自走高射機関砲

40mm自走高射機関砲M42、M15A1対空自走砲の後継として、1978年から開発が開始され1987年に制式化された自走式対空砲です。

トラックによる牽引式であった35mm二連装高射機関砲L90に装甲を施し、さらに装軌(キャタピラ)車体に搭載して自走可能にした対空装備です。

車体構造として、74式戦車の車体をベースに、アルミ合金製の砲塔を搭載。
その砲塔後部には起倒式の索敵・追随レーダー、射撃統制装置を装備し、砲塔両側面には武装として35mm機関砲(エリコンKDA)を2門備えています。

このレーダーや機関砲はデジタルコンピューターと連動していて、目標の発見、捕捉、射撃、補正までをリアルタイムで行えます。
もし敵機補足時に電子妨害が行われてたとしても光学センサーを備えているので、光学照準により射撃を実施できます。

87式自走高射機関砲|実弾射撃実弾射撃

実際に敵航空機や誘導弾(ミサイル)を迎撃する武装の35mm機関砲ですが、発射される砲弾は装甲化された航空機へ対処するために開発されているので、直撃弾のみでの撃墜を目的としています。
そのため、目標直前で拡散する炸裂砲弾はありません。

航空機や飛来する誘導弾を撃ち落とすためミサイルによる迎撃が主流で効果的な現在、機関砲などの砲弾による対空火器は珍しい装備になってきています。
見た目から「ガンタンク」と呼ばれるなど人気のある装備ですが、1両の調達価格が約15億円と非常に高額なため、2004年までに52両の調達に留まっています。

87式自走高射機関砲の配備地域は限定的で、北海道を中心とした北部方面隊の機甲師団、第7高射特科連隊、第2高射特科大隊のみの配備になっています。

この装備を北海道以外の本州などでは、富士学校(御殿場)武器学校(土浦)高射学校(下志津)などの教育施設・部隊がある駐屯地で見ることができます。