96式40mm自動擲弾(てきだん)銃

96式40mm自動擲弾銃96式40mm自動擲弾銃
96式40mm自動擲弾銃|三脚架96式40mm自動擲弾銃|三脚架
96式40mm自動擲弾銃|車載時右側面車載時右側面
96式40mm自動擲弾銃|車載時左側面車載時左側面
96式40mm自動擲弾銃|三脚架側面三脚架側面
96式40mm自動擲弾銃|装輪装甲車搭載装輪装甲車搭載
96式40mm自動擲弾銃|自動擲弾銃解説自動擲弾銃解説
96式40mm自動擲弾銃|装輪装甲車搭載装輪装甲車搭載
96式40mm自動擲弾銃|装輪装甲車搭載装輪装甲車搭載
96式40mm自動擲弾銃|装輪装甲車搭載装輪装甲車搭載
96式40mm自動擲弾銃|実弾射撃実弾射撃
96式40mm自動擲弾銃|実弾射撃弾着実弾射撃弾着
装備品性能詳細
制式化 1996年
口 径 40×53mm
全 長 約975mm
銃身長 約454mm
重 量 約24.5kg(銃本体)
作動方式 ブローフォワード式
発射速度 約250~350発/分
初 速 約250m/秒
有効射程 約1500m
給 弾 リンクベルト式
弾 倉 50発入り
使用弾薬
  • ・40mm対人対戦装甲擲弾
  • ・40mm演習擲弾
製 造
  • 擲弾銃:豊和工業
  • 弾薬:ダイキン工業
装備品概要解説
96式40mm自動擲弾銃96式40mm自動擲弾銃

手榴弾は投擲(放り投げる)によって一定範囲の目標に対して効果を与える目的で使用するものですが、距離も20~30m飛べば良い方で個人差もある武器です。

この手榴弾と同等の威力を持つ擲弾(てきだん)を携行可能な発射機から撃ち出せる様にしたものが擲弾(てきだん)銃で、ベトナム戦争でもアメリカ軍が小型迫撃砲として使用していました。

これを自動火器に発展させてマシンガンの様に連続発射可能にしたものがオートマチック・グレネード・ランチャー(自動擲弾銃)です。
海外でも実用性が高く評価され、個人携行使用だけではなくヘリや車両、警備艇などへも搭載されて使われています。

陸上自衛隊でも日本独自の技術によって軽量・小型化された「96式40mm自動擲弾銃」が豊和工業により国産開発され、1996年に制式採用後に製造・配備が行われています。

擲弾銃は発射薬との間にあるノズルによって低速の圧力変化で弾頭を撃ち出す「高低圧砲」で、銃や火砲に比べて発射装置に掛かる圧力が小さいため、それに耐える銃身部分が薄く軽量に作ることができます。

96式40mm自動擲弾銃|装輪装甲車搭載装輪装甲車搭載

そしてこの独自開発された96式40mm自動擲弾銃は従来のものよりも軽量にできているので、作動方式も世界的に珍しい排出される薬莢の慣性を利用したブローフォワード式が採用されているのも特徴になっています。

使用する弾薬には対人・対車両に対応する「40mm対人対戦装甲擲弾」を使用し、調整破片化された成形炸薬弾頭を発射して、敵陣地の面制圧や軽装甲車両の撃破などに使用されます。
この対戦装甲擲弾は半径15mの面制圧能力と50mm厚の装甲に対して有効です。
また、訓練用として「40mm演習擲弾」も開発され、どちらもダイキン工業によって生産されています。

給弾には弾薬をリンクベルトで送り出し、単発と毎分250~350発の連射が切り替えられ、敵の状況や目標によって選べます。

運用方法としては個人携行ではなく銃架などに設置して使われ、地上で三脚架に取り付けての使用もできますが、96式装輪装甲車の車長ハッチ銃架への専用搭載火器として使用する場合がほとんどです。

駐屯地創立記念行事での装備品展示や観閲行進で96式装輪装甲車に搭載されている姿を見ることがきでますが、同じく搭載可能な12.7mm重機関銃M2の様な訓練展示での空砲射撃はありません。
チャンスがあって富士総合火力演習に行かれる機会があれば自動擲弾銃の車上からの射撃が見られ、目標となる複数の風船地帯を面制圧する様子が見学できます。