陸自調査団 陸上自衛隊装備品施設装備

資材運搬車

資材運搬車資材運搬車
資材運搬車|隊員乗車走行時資材運搬車|隊員乗車走行時
資材運搬車|正面(クレーン前方)正面(クレーン前方)
資材運搬車|運転席運転席
資材運搬車|布製ドア布製ドア
資材運搬車|車体後方車体後方
資材運搬車|荷台荷台
資材運搬車|正面(クレーン後方)正面(クレーン後方)
資材運搬車|車体前部車体前部
資材運搬車|車体側面車体側面
資材運搬車|ゴムクローラーゴムクローラー
資材運搬車|クレーンクレーン
資材運搬車|クレーンクレーン
資材運搬車|運転席後部運転席後部
資材運搬車|エンジンエンジン
資材運搬車|荷重指示計荷重指示計
資材運搬車|操作部操作部
資材運搬車|装備ヤード装備ヤード
資材運搬車|トラック搭載運搬トラック搭載運搬
装備品性能詳細
全 長 約4.30m
全 幅 約2.15m
全 高 約2.18m
重 量 約5t
最大積載量 約3t
揚重能力 約2t
最高速度 約20km/h
登坂能力 30度
超壕能力 約1m
総排気量 4.4L
定格出力 92.8/2200kw/min
最大トルク 550/1400N・m/min
被輸送性 大型トラックでの輸送可能
装 備
  • ・クレーン(約2t)
  • ・荷台(約3t)
乗 員 2名
製 造 諸岡(MOROOKA)
装備品概要解説
資材運搬車資材運搬車

資材運搬車は、建設・農林業などの特殊機械メーカーの「株式会社 諸岡」の民生品キャリアダンプ(不整地運搬車)を自衛隊仕様にした施設車両で、主に、不整地での築城資材など局地輸送に使用されます。

トラックなどの進入が難しい山間部等でも運用できる特殊車両が求められたことから、1990年頃から開発され配備が始まりました。

民生品キャリアダンプ(不整地運搬車)の操縦席はアシンメトリ(左右非対称)の1人乗りですが、自衛隊向けの車両は2人乗りの左右2席になっています。ただし、運転装置は左側だけについていて右側は隊員が乗車するだけの乗員席です。

また、車体中央にクレーンが設置されているのも陸上自衛隊独自の仕様です。
運転席は前面にはガラスがありますが側面のドア部分は布製で、作業時は乗り降りがしやすい様に完全に取り外して使用している場合が多いです。

装備性能
資材運搬車|観閲行進観閲行進

キャリアダンプとして車体後部の荷台には最大約3tの積載能力があり、土砂や物資だけでなく弾薬の運搬にも使用されます。

左右乗員席中央にあるクレーンは約2tの吊り上げ能力があり、荷台へ物資や弾薬を積み込む際に使われます。

車体を支える足回りは履帯(キャタピラ)になっていて、金属製ではなくゴム製のゴムクローラーが使われています。
このゴムクローラーには繋ぎ目がなくとても耐久性に優れ、不整地での走破性能が高く小回りも利くため、狭い場所での作業に重宝されています。
運転席内部は速度計などの計器類も最小限に抑え、車両の操舵にはT型のハンドルで行います。

小型の資材運搬車は大型トラックに搭載しての運搬が可能で、小型ショベルや中型ドーザ同様に全国の駐屯地で見ることができ、普通科部隊、特科部隊、施設科部隊などに装備されています。

●キャリアダンプ製造「株式会社 諸岡