陸自調査団 【陸上自衛隊装備品

自走砲・多連装ロケット

放物線を描いて遠方へ砲弾を撃ち込む榴弾砲。航空機を砲弾で迎撃する対空機関砲など。これらの火砲を自走化して機動性を向上させた装備品が自走砲です。本州に配備されている火砲のほとんどは車両牽引タイプの榴弾砲。対空火器も誘導弾(ミサイル)が配備されているので自走式機関砲やロケット砲は北部方面(北海道)や西部方面(九州)に集中配備されています。

自走榴弾砲

99式自走155mm榴弾砲

99式自走155mm榴弾砲 75式自走155榴弾砲の後継として開発された国産の自走榴弾砲。エンジンなどの多くの部分に89式装甲戦闘車のものが流用され開発コストが抑えられています。装弾車から送られた砲弾を自動給弾・自動装填して最大3分間に18発の連続射撃が可能です。

203mm自走榴弾砲

203mm自走榴弾砲 アメリカ製のM110A2 203mm自走榴弾砲を自衛隊向けに配備した自走榴弾砲。陸上自衛隊としては最大の火砲です。空輸を前提として開発されてるので装甲がなく砲が車体に載っているだけの構造になっています。射撃時には車体後部のスペード(ブレード)を地面に喰い込ませて射撃の反動を抑えます。

自走高射機関砲

87式自走高射機関砲

87式自走高射機関砲 35mm二連装高射機関砲L90に装甲を施して自走化させた対空機関砲。74式戦車の車体に捜索レーダーなどを搭載しています。ドイツのゲパルトに近い見た目になっています。教育部隊(高射学校)以外では北部方面隊に限定して配備されている珍しい装備です。

ロケット砲

多連装ロケットシステムMLRS

多連装ロケットシステムMLRS 陸上自衛隊には75式130mm自走多連装ロケット発射機の後継として1992年から長距離火力支援装置として導入を開始。アメリカ軍が湾岸戦争の時に使用してイラク軍から「鋼鉄の雨」として恐れられていた自走ロケット砲です。