87式地雷散布装置

87式地雷散布装置87式地雷散布装置
87式地雷散布装置|対戦車地雷散布87式地雷散布装置|対戦車地雷散布
87式地雷散布装置|搭載機飛行搭載機飛行
87式地雷散布装置|搭載機飛行搭載機飛行
87式地雷散布装置|散布装置側面散布装置側面
装備品性能詳細
制式化 1987年
全 長 約2,610mm(散布容器)
全 幅 約470mm(散布容器)
全 高 約570mm(散布容器)
全備重量 約700kg
使用地雷 87式ヘリコプター散布対戦車地雷
装置構成
  • ・架台×2
  • ・散布容器×2
  • ・散布制御装置×2
開 発 富士重工
製 造
  • ・富士重工
  • ・石川製作所
装備品概要解説
87式地雷散布装置87式地雷散布装置

空中から地雷を散布して、前進してくる敵部隊前方へ対戦車障害を短時間で構築するための航空機搭載の障害構築装置です。
1981年から開発を初めて1987年に制式化されました。

障害構築の方法として、装置をUH-1Jなど多用途ヘリコプターの機体左右に搭載して、超低空で飛行しながら対戦車地雷を放出・散布していきます。

搭載される装置には、片側の装置1基に18個、左右計36個の対戦車地雷が収納できます。

また装置に格納される地雷は装置専用に開発された「87式ヘリコプター散布対戦車地雷」が使われます。

散布する地雷は全て対戦車地雷が使用され、、日本も対人用の地雷の使用を禁止する「対人地雷禁止条約」に締結しているため、2003年に全て破棄しています。

散布作業は全て機内からの遠隔操作で実施します。