陸自調査団 陸上自衛隊装備品装輪車両

偵察用オートバイ

偵察用オートバイ偵察用オートバイ
偵察用オートバイ|偵察行動偵察用オートバイ|偵察行動
偵察用オートバイ|エンジンエンジン
偵察用オートバイ|エンジンエンジン
偵察用オートバイ|ラックラック
偵察用オートバイ|ハンドルハンドル
偵察用オートバイ|車体正面車体正面
偵察用オートバイ|車体側面車体側面
偵察用オートバイ|車体後部車体後部
偵察用オートバイ|多数停車多数停車
偵察用オートバイ|多数停車多数停車
偵察用オートバイ|観閲行進観閲行進
偵察用オートバイ|観閲行進観閲行進
偵察用オートバイ|観閲行進観閲行進

運用・走行

偵察用オートバイ|急速離脱急速離脱
偵察用オートバイ|急速離脱急速離脱
偵察用オートバイ|偵察行動偵察行動
偵察用オートバイ|偵察行動偵察行動
偵察用オートバイ|障害跳躍障害跳躍
偵察用オートバイ|障害跳躍障害跳躍
偵察用オートバイ|流鏑馬(乗車射撃)流鏑馬(乗車射撃)
偵察用オートバイ|盾にして射撃盾にして射撃
偵察用オートバイ|盾にして射撃盾にして射撃
偵察用オートバイ|下車射撃下車射撃
偵察用オートバイ|下車偵察下車偵察
偵察用オートバイ|ヘリによる空輸ヘリによる空輸
偵察用オートバイ|ヘリによる空輸ヘリによる空輸
偵察用オートバイ|忍者ダッシュ忍者ダッシュ

旧車両:ホンダXLR250R

偵察用オートバイ|ホンダXLR250RホンダXLR250R
偵察用オートバイ|ホンダXLR250RホンダXLR250R
偵察用オートバイ|りっくんランド旧展示りっくんランド(旧)
偵察用オートバイ|ホンダ車観閲行進ホンダ車観閲行進
偵察用オートバイ|オートバイドリルオートバイドリル
偵察用オートバイ|オートバイドリルオートバイドリル

装備品性能詳細

全 長 2.14m
全 幅 0.88m
全 高 1.19m
重 量 152.0kg
最高速度 135km/h
乗 員 1名
使用車種 カワサキKLX250
(旧:ホンダXLR250R)
搭載機関 カワサキ LX250DE
水冷4サイクル単気筒ガソリンエンジン
出 力 24PS/250cc
開 発 カワサキモーターズ
(旧車両:ホンダ)
製 造 カワサキモーターズ
(旧車両:ホンダ)

装備品概要解説

偵察用オートバイ偵察用オートバイ

戦闘時の偵察・斥候(せっこう)や部隊伝令、災害時の被害状況把握、駐屯地間の連絡など、さまざまな用途に使用されるオフロードタイプのオートバイ(自動二輪車)です。4輪の車両よりも小型・軽量で、その機動力を活かした幅広い使われ方がされています。

陸上自衛隊では偵察任務にオートバイを使用していますが、これは世界的には珍しい運用方法です。世界各国の軍隊では後方支援や基地間連絡など、基本的に兵站(へいたん)での利用に限られています。

戦闘時には、まず敵部隊の状況把握のため、ヘリコプターなどの航空機で上空から偵察を実施します。その後、より詳しい敵情を把握するため小型で発見されにくいオートバイで地上偵察を行い詳細情報を収集します。

実際に敵部隊への偵察行動の際には、銃撃をうける場合もあります。その場合、オートバイに立ち乗りして小銃射撃の実施。下車後にオートバイを盾にして銃弾を避けながら状況把握や反撃をします。他にも、車両に身を隠しながら離脱する"通称:忍者ダッシュ"など、非装甲で非力に感じるオートバイをうまく使って戦闘に活用しています。

また、離島への上陸時などにゴムボートへ搭載して運搬したり、ヘリコプターの機内に搭載して空輸するなど小型・軽量なオートバイならではの運用方法も行われています。

近年、増加傾向にある災害時にも、瓦礫や土砂崩れなどで進入困難となった地域へも、オフロードバイクでなら障害物を乗り越えて道なき道を進んでいけます。

使用車両

偵察用オートバイ|跳躍オートバイ跳躍

偵察用オートバイといっても、陸上自衛隊専用に開発された車両ではなく、市販車を改良した車種が使用されています。

市販車両にOD色(オリーブドラブ)の塗装を施し、エンジン前面と前照灯に鋼材製フレームガードを設置。車体後部に無線機と荷物が載せられるキャリアを備え、ハンドルの操作部には灯火管制スイッチなどを追加しています。

基本的に、駐屯地内や演習場ではサイドミラーを外して運用されていますが、一般道を走行する際には道路交通法にあわせてサイドミラーを取り付けて走行します。

長らく偵察用オートバイにはホンダ製のXLR250Rが使用されてきましたが、新排ガス規制に対応させる理由などから2001年からカワサキ製のKLX250に調達を切り替えています。

戦車などの機甲科内の偵察部隊に配備されていますが、普通科や特科部隊の情報小隊等にも導入されています。