89式5.56mm小銃

89式5.56mm小銃89式5.56mm小銃
89式5.56mm小銃|至近距離射撃訓練至近距離射撃訓練
89式5.56mm小銃89式5.56mm小銃
89式5.56mm小銃89式5.56mm小銃
89式5.56mm小銃|スコープスコープ
89式5.56mm小銃|銃剣装着銃剣装着
89式5.56mm小銃|小銃小隊行動小銃小隊行動
89式5.56mm小銃|負傷隊員援護負傷隊員援護
89式5.56mm小銃|伏せ射撃伏せ射撃
89式5.56mm小銃|スコープ射撃スコープ射撃
89式5.56mm小銃|オートバイ射撃オートバイ射撃
89式5.56mm小銃|小銃紹介小銃紹介
89式5.56mm小銃|訓練展示後安全確認安全確認
89式5.56mm小銃|レンジャー装備携行レンジャー装備
89式5.56mm小銃|車両背後射撃車両背後射撃
89式5.56mm小銃|家屋内制圧家屋内制圧
89式5.56mm小銃|突撃前進突撃前進
89式5.56mm小銃|突撃援護突撃援護
89式5.56mm小銃:目標への実弾射撃実弾射撃
89式5.56mm小銃|実弾射撃実弾射撃
89式5.56mm小銃|ガンハンドリングガンハンドリング
装備品性能詳細
制式化 1989年
価 格 約26万8000円
口 径 5.56mm
弾 薬 5.56×45mm
全 長
  • ・約920mm(固定銃床型)
  • ・約670mm(折り曲げ銃床型)
銃 身 長 420mm
重 量 3.5Kg
作動方式 ガス圧利用
給弾方式 弾倉式(20発/30発)
発射速度 最大約850発/分
有効射程 500m
初 速 920m/秒
開 発 豊和工業
製 造 豊和工業
装備品概要解説
89式5.56mm小銃89式5.56mm小銃

64式7.62mm小銃の後継として豊和工業により開発と製造が行われ、1989年に制式化された国産のアサルトライフル(突撃銃)で、PKO(国際平和維持活動)などの海外派遣や、アメリカなどの多国間訓練を念頭入れた事もあり、NATO標準弾SS109の5.56mm弾に適用させた事も特徴の一つです。

世界的にも1960年代以降からは、7.62mmなどの大口径低初速の弾から5.56mmの様な小口径高初速の弾が使用できる小銃が求められてきました。
これは「目標(敵)を殺傷する」よりも「負傷させて救護に人員を割く」という目的や、反動の低減、射程、貫通力の向上などの利点があるためでもあります。
7.62mm弾に比べれば殺傷能力は低いかもしれませんが、高速で撃ち出されてくる5.56mm弾による銃創は、腕に命中すれば骨や筋肉が砕けるほどの威力になります。

89式5.56mm小銃の素材にはプレス鋼板や強化プラスチックを多く使われていて、64式7.62mm小銃に比べて軽量で部品点数も約10%削減さています。
そのため、携行する隊員の負担軽減や分解結合も容易になったことでメンテナンス性なども向上しています。

発射方式は単発と連発以外に、3点制限点射(スリーショットバースト)機能があり、発射切り替えコック部に「ア・タ・レ・3|(ア:安全装置、タ:単発、レ:連射、3:3点ショット)」と表記されているのは有名なので、見る機会がありましたら確認してみて下さい。
2006年に制式化された「06式小銃擲弾」と呼ばれる、小銃発射型のグレネード弾を銃口に装着して発射する事もでき、個人や小隊での行動時に敵上方で擲弾を炸裂させて簡易的な面制圧が可能になりました。

基本のタイプは固定式の銃床ですが、空挺隊員や戦車隊員向けに取り回しが容易に行える様に折り曲げ式の銃床タイプの2種類があります。
現在までに約12万挺が製造されていますが、1挺約30万円前後(年度により変動)と海外の小銃に比べればかなり高価な小銃です。