96式装輪装甲車

96式装輪装甲車|12.7mm重機関銃M2搭載96式装輪装甲車|12.7mm重機関銃M2搭載
96式装輪装甲車|96式40mm自動擲弾銃搭載96式装輪装甲車|96式40mm自動擲弾銃搭載
96式装輪装甲車|車体前部車体前部
96式装輪装甲車|風防付前部風防付前部
96式装輪装甲車|車体後部ランプドア車体後部
96式装輪装甲車|車体側面車体側面
96式装輪装甲車|M2銃座M2銃座
96式装輪装甲車|展望塔展望塔
96式装輪装甲車|ライト類ライト類
96式装輪装甲車|風防付き風防付き
96式装輪装甲車|風防付車両風防付車両
96式装輪装甲車|風防風防
96式装輪装甲車|操縦席風防操縦席風防
96式装輪装甲車|12.7mm重機関銃搭載M2搭載
96式装輪装甲車|12.7mm重機関銃搭載M2搭載
96式装輪装甲車|自動擲弾銃搭載擲弾銃搭載
96式装輪装甲車|96式40mm自動擲弾銃搭載自動擲弾銃搭載
96式装輪装甲車|M2・風防付M2・風防付
96式装輪装甲車|M2・風防付M2・風防付
96式装輪装甲車|地雷原爆破装置付爆破装置付
96式装輪装甲車|イラク支援車両(広報センター)イラク支援車両
96式装輪装甲車|後部ハッチ開放後部ハッチ開放
96式装輪装甲車|擬装車両擬装車両
96式装輪装甲車|駐機場駐機場
96式装輪装甲車|通常走行通常走行
96式装輪装甲車|下車戦闘下車戦闘
96式装輪装甲車|評価支援隊評価支援隊
96式装輪装甲車|観閲行進観閲行進
96式装輪装甲車|観閲行進観閲行進
96式装輪装甲車|観閲行進観閲行進
96式装輪装甲車|重機関銃空砲射撃M2空砲射撃
96式装輪装甲車|12.7mm重機関銃実弾射撃M2実弾射撃
96式装輪装甲車|12.7mm重機関銃実弾射撃M2実弾射撃
96式装輪装甲車|自動擲弾銃実弾射撃擲弾銃実弾射撃
96式装輪装甲車|96式40mm自動擲弾銃実弾射撃擲弾銃実弾射撃
装備品性能詳細
制式化 1996年
価 格 約1億2000万円
全 長 6.84m
全 幅 2.48m
全 高 1.85m
全備重量 約14.5t
最高速度 100km/h
航続距離 500Km以上
乗 員 10名
(操縦手1名・車長1名・後部乗員8名)
搭載機関 三菱6D40水冷直列6気筒ターボチャージドディーゼル
出 力 360PS/2200rpm
武 装 どちらか1つを各専用銃架で搭載
開 発 小松製作所
製 造 小松製作所
装備品概要解説
96式装輪装甲車96式装輪装甲車

73式装甲車の後継として1992年から小松製作所により開発が始まり1994年に試作車制作、その後に技術・運用試験を経て1996年に制式化された陸上自衛隊では初の装輪式の輸送装甲車です。
これ以前にも小松製作所は82式指揮通信車を開発するなど装輪装甲車には実績があります。

山間部などに不整地が多かったころの日本に比べて全国に整備された舗装路が充実してきたことや、装軌式(キャタピラ)車両よりも調達や運用コストが低いこともあり、装輪(タイヤ)タイプが選ばれた要因になっています。

また装軌車両がアスファルト道路を走行することで路面を傷めやすくなったり、走行音がタイヤの方が静かで隠密性にも優れています。
96式装輪装甲車は装輪式兵員輸送車に分類され「WAPC(Wheeled Armored Personnel Carrier)」と略されます。

車体構造と駆動
96式装輪装甲車|8輪コンバットタイヤ8輪コンバットタイヤ

車体構造として足回りには8輪のコンバットタイヤを装備していて、機関銃などで被弾してもすぐに空気がぬけてパンクすることはなく、車内からタイヤの空気圧を遠隔操作できる様にもなっています。

この空気圧調整機能を使って、路面状況に合わせて接地圧を変えて走破性を高めることもできます。
逆に装軌車両の場合は履帯(キャタピラ)が脱落したり切断してしまうと、危険地帯からの脱出は困難です。
しかし、8本あるタイヤが1~2本が破損しても、装輪装甲車には走り続けられるタフさがあります。

駆動は4軸の8輪で全輪駆動(8×8)と後輪2軸駆動(4×8)を選択でき、操舵(ステアリング)は前2軸4輪で行われ、2軸が可動することでスムーズな旋回ができます。

車体前部左にデーゼルエンジン、その右側に操縦席、その後ろが車長室になっています。
後部の乗員室には左右向かい合わせの8名分のベンチシートがあり、この乗員室には左右2箇所ずつ計4箇所の防弾ガラス窓があります。
この防弾ガラス窓も防護面での弱点ともなりますが、73式装甲車や89式装甲戦闘車などに見られる外部へ射撃できる銃眼(ガンポート)もありません。

もし乗車戦闘を行う場合としたら乗員室上面が開放できるハッチが備わっているので、隊員が身を乗り出して射撃を実施できます。
また車体後部には油圧駆動の大型ランプドアがあり、武装した隊員による迅速な下車戦闘が可能です。
このドア自体にも片開きの扉があるので、可動不良の場合でも乗り降りができます。

装甲と武装
96式装輪装甲車|車体後方車体後方

装甲には溶接構造の防弾鋼板で小銃弾や砲弾片を防ぐ程度とされていて、車体前面は被弾軽減の傾斜構造ですが後部乗員室周辺の側面などは垂直になっています。

これは96式装輪装甲車が公道走行を考慮したため道路交通法での車幅2.5m以内に留めたことや、車内空間確保を考えた結果の構造になっています。

また公道を長時間走行する際や法律に対応するために、操縦手席などのハッチにはワイパー付きのガラス張り風防(ウィンドシールド)を取り付けられます。

武装として車長室には旋回式の展望塔(キューポラ)が備わり、そこへ96式40mm自動擲弾銃A型12.7mm重機関銃M2B型の銃架を選択して取り付けます。
このため銃架交換が必要なので銃火器を状況によって武装換装が簡単に行えるわけではありません。

ちなみに96式40mm自動擲弾銃は96式装輪装甲車専用に開発された装備で、三脚架に取り付けて射撃も可能ですが基本的に当車両に搭載して使われます。
駐屯地創立記念行事でも各武装を搭載したバージョンを見られ、火力演習でもそれぞれの搭載火器の実弾射撃を見学できます。

2014年までに373両が調達されていますが1両が約1億2000万円と装輪装甲車にしては高価なため、より安価な軽装甲機動車や高機動車が多く調達されています。

イラク復興支援に派遣された車両には改良が施され、車長室展望塔への防弾板追加やワイヤーカッター、エンジン吸気口への防塵フィルターなどが追加されました。
このイラク復興支援車両は陸上自衛隊 広報センター(りっくんランド)でも屋外展示されていますので、仕様の違いを確認してみて下さい。

また海外派遣が多い中央即応連隊などには国際支援活動仕様として、これらの追加改良の他に車体側面や前面などに追加装甲を施した「96式装輪装甲車Ⅱ型」が調達されて優先的に配備が進められています。