要人輸送ヘリコプター ユーロコプター
EC-225LP スーパーピューマMK.Ⅱ+

EC-225LP スーパーピューマEC-225LP スーパーピューマ
EC-225LP|飛行EC-225LP|飛行
EC-225LP|防弾板防弾板
EC-225LP|機体正面機体正面
EC-225LP|機体前部機体前部
EC-225LP|機体側面機体側面
EC-225LP|機体後方機体後方
EC-225LP|機体前方機体前方
EC-225LP|搭乗口搭乗口
EC-225LP|機内・座席機内・座席
EC-225LP|機体下部機体下部
EC-225LP|機動飛行機動飛行
EC-225LP|機動飛行機動飛行
EC-225LP|機動飛行機動飛行
EC-225LP|2機編隊2機編隊
EC-225LP|着陸体勢着陸体勢
EC-225LP|地上滑走地上滑走
装備品性能詳細
配 備 2006年
全 幅 16.20m(胴体3.96m)
全 長 19.5m(胴体16.79m)
全 高 4.97m
全備重量 約11.0t
巡航速度 276km/h
航続距離 857km
上昇限度 4,995m
ロータ経 16.20m
機 関 マキラ2A ターボシャフトエンジン
出 力 2,167SHP×2
乗 員 2名(操縦手)+20名(乗員)
製 造
  • 機体
    現エアバスヘリコプターズ
  • 機関
    ターボメカ社(フランス)
装備品概要解説
EC-225LPEC-225LP

主に国賓や内閣総理大臣などの要人を運ぶために使用される、要人輸送専用ヘリコプターで、1986年に導入された同様の要人輸送任務に使用されていたAS-332Lシュペルピューマの老朽化に伴い、同機体の発展型となるEC-225LPスーパーピューマが後継として導入されました。

基本的性能はAS-332Lとほぼ同等ですが、胴体の延長・後部下部のトランク部が張り出しているなどの外観の違いはあります。

メインローターは4枚から5枚へと増加されていますが、テイルローターは5枚から4枚に減っていて、これらの変更点などにより輸送可能な人数も増え、飛行時起きる機体の振動も抑えられています。

EC-225LP|飛行飛行

操縦席にある計器類などはカラー液晶による表示板を配置して、デジタル制御のエンジンやトランスミッションなどへも強化されています。

また、陸上自衛隊に納入される際に、操縦席周辺への防弾板の設置と赤外線誘導ミサイル防御の観点から、エンジン排気口部分へIRサプレッサー(赤外線排出抑制装置)を追加する改修を行っています。

IRサプレッサーはエンジン排気口からの排気熱を抑える装置で、赤外線誘導の誘導弾(ミサイル)の追尾を軽減してくれるものです。

木更津駐屯地の第1ヘリコプター団特別輸送ヘリコプター隊にのみ配備されている、珍しい機体です。