12式地対艦誘導弾

12式地対艦誘導弾12式地対艦誘導弾
12式地対艦誘導弾|コンテナ12式地対艦誘導弾|コンテナ
12式地対艦誘導弾|後部ランチャー後部ランチャー
12式地対艦誘導弾|後部ランチャー後部ランチャー
12式地対艦誘導弾|操作部分操作部分
12式地対艦誘導弾|車体側面車体側面
12式地対艦誘導弾|スペアタイヤスペアタイヤ
12式地対艦誘導弾|足周り足周り
12式地対艦誘導弾|防護板防護板
12式地対艦誘導弾|装備品展示装備品展示
12式地対艦誘導弾|装備品展示装備品展示
12式地対艦誘導弾|装備品展示装備品展示
12式地対艦誘導弾|装備品展示装備品展示
12式地対艦誘導弾|装備品展示装備品展示
12式地対艦誘導弾|発射体勢展開発射体勢展開
12式地対艦誘導弾|走行時走行時
12式地対艦誘導弾|走行時走行時
12式地対艦誘導弾|走行時走行時
12式地対艦誘導弾|観閲行進観閲行進
装備品性能詳細
制式化 2012年
価 格 約27億7000万円
(システム価格)
誘導弾全長 5.00m
誘導弾直径 0.35m
誘導弾重量 700kg
有効射程 100km以上(推定)
誘導弾動力 ターボジェットエンジン+ロケットモーター
誘導方式 慣性誘導+アクティブ・レーダー・ホーミング+GPS
システム構成
  • ・誘導弾発射機
  • ・射撃統制装置
  • ・中継装置
  • ・指揮統制装置
  • ・捜索評定レーダー装置
  • ・弾薬運搬車
開 発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁)
製 造 三菱重工業
装備品概要解説

88式地対艦誘導弾(SSM-1)の後継として開発された国産の最新型地対艦誘導弾で、2012年に制式化され三菱重工業によって生産されます。

12式地対艦誘導弾(SSM-1改)は航空自衛隊のF-2支援戦闘機に搭載される80式空対艦誘導弾ASM-1を改良したものです。
SSM-1まではプログラミングされた誘導弾が発射された後、慣性誘導により飛翔して目標に接近するとレーダー波を照射してミサイルを誘導するアクティブ・レーダー・ホーミング方式でした。

SSM-1改からはこれに中間誘導として使用されるGPSが誘導弾に搭載したされたので命中精度が向上し、目標が大きく移動した場合でもGPSにより修正されて対応できます。
特に目標更新能力・識別機能・地形追随能力も向上や、発射機への誘導弾再装填時間の短縮が図られていて、SSM-1が遮蔽物の無い開けた場所からしか発射できなかったのに対して、山陰や谷間などに隠れて撃てる様になりました。
これにより敵航空機などによって上空から発見されるなどの危険性が減り、生存性も向上しています。

発射機は重装輪回収車をベースとした車体の荷台部分に誘導弾が6発入ったコンテナ型の発射機を備え、見た目も筒型から角型の発射機になりました。
誘導弾発射時の姿勢もより垂直に近い状態になっているので、発射方向を限定されずに運用できます。

また、車体後部には車両を保護する折りたたみ式の防護板が備わり、誘導弾発射時のにはこれを展開して発射炎から車両を守ります。

システム構成として、誘導弾発射機・射撃統制装置・中継装置・指揮統制装置・捜索評定レーダー装置・弾薬運搬車で1セットとし、弾薬運搬車には発射機と同様に重装輪車ベースの車両が使われています。

このシステムを運用する上では統合運用を前提に開発も行われ、これはSSM-1改に限ったことではありませんが各部隊とのネットワーク化もされています。

まず、2セットが調達されて富士教導団に配備されて実験・教育が行われ、南西の離島防衛に向けに西部方面隊への配備が優先されると思われます。