01式軽対戦車誘導弾

01式軽対戦車誘導弾01式軽対戦車誘導弾
01式軽対戦車誘導弾|リテーナー付きリテーナー付き
01式軽対戦車誘導弾|発射機側面発射機側面
01式軽対戦車誘導弾|誘導弾発射機誘導弾発射機
01式軽対戦車誘導弾|装置全体装置全体
01式軽対戦車誘導弾|装備品展示装備品展示
01式軽対戦車誘導弾|LAV車上携行LAV車上携行
01式軽対戦車誘導弾|観閲行進観閲行進
01式軽対戦車誘導弾|観閲行進観閲行進
01式軽対戦車誘導弾|誘導弾射撃誘導弾射撃
01式軽対戦車誘導弾|誘導弾飛翔誘導弾飛翔
01式軽対戦車誘導弾|LAV車上射撃LAV車上射撃
01式軽対戦車誘導弾|誘導弾飛翔誘導弾飛翔
01式軽対戦車誘導弾|誘導弾発射誘導弾発射
01式軽対戦車誘導弾|誘導弾飛翔誘導弾飛翔
装備品性能詳細
制式化 2001年
価 格 約2600万円(1セット)
誘導弾全長 約970mm
誘導弾直径 約140mm
誘導弾重量 約11.4kg
発射速度 4発/分
装置重量 約17.5kg(誘導弾別)
誘導方式 赤外線画像誘導方式
構 成
  • ・誘導弾搭載発射筒
  • ・照準器一体発射機
  • ・夜間照準機
製 造 川崎重工
装備品概要解説

84mm無反動砲の後継として1993年から開発が開始され、2001年に制式化された個人携行式の最新式対戦車誘導弾(ミサイル)です。

01軽MATと略して呼ばれ普通科部隊の小銃小隊規模に配備され、主に近距離での敵戦車や装甲車両などを撃破するために使用されます。
赤外線誘導方式が採用されていて射手が射撃をおこなう際には、発射機から撃ち出された誘導弾を常に目標に向けてレーザーなどで誘導し続ける必要がありません。
これは目標をロックオン後、撃ち出された誘導弾は、敵車両の熱源に向かって赤外線誘導により自動で飛翔していくためです。
この「撃ちっぱなし射撃」ができる事で、射撃後に迅速に離脱できて射撃手の安全性が保たれることに繋がります。

射撃方式は誘導弾が水平に飛翔して目標に直撃させる「低伸弾道モード」と、発射後に誘導弾が上昇したのちに装甲の薄い車両上部を狙って急降下して弾着させて撃破する「ダイブモード」を備えています。 射撃は発射機を肩に担いで照準を合わせた後に射撃を行い、無反動砲と比べると発射時の後方への爆風(バックファイヤー)が小さいので、軽装甲機動車(LAV)などの上部など身を乗り出しての射撃が行えます。

誘導弾の弾頭は二重構造になっていて、成型炸薬弾頭を使用していることで戦車の追加装甲として装着される爆発反応装甲(リアクティブアーマー)へも対応が可能になっています。
誘導弾と一体の発射筒は使い捨てになっていて、発射後にこの筒を交換する事によって「1分間に最大4発の連続射撃」が可能になっています。

01式軽対戦車誘導弾は1名の射手が目標への照準から発射までが行える個人携行型システムになっていて、照準機は誘導弾の照準と管制を兼ねており、発射機上部に接続されている夜間照準機によって、夜間や悪天候時でも射撃が行えます。
誘導には非冷却式のCCDイメージセンサーを使用した赤外線画像誘導が使われているので、発射前の予冷の必要がなく誘導弾妨害のフレアーに対しても強いです。

しかし、最新式で利点の多い誘導弾ですが使用される弾頭が対戦車弾頭のみなので、目標が赤外線を発していない場合(機関自体の熱や排熱等)でなければならないなど、相手に対しての柔軟な対応が難しいことや、弾頭1発と対象とのコストが合わないなどが上げられます。
そのため、84mm無反動砲の改良型(M3:B型)を導入することになりました
また、個人携行する場合には予備弾を含めると35kgを超えるため、防弾チョッキ等の個人装備と合わせた場合には隊員にとっての負担がかなり増加します。

駐屯地創立記念行事での装備品展示や輸送の際には、精密な発射装置を損傷させないために、発泡スチロール製のリテーナーを発射筒に装着している姿を目にする事もあります。
使用される電子部品には民生品を多く使用するなどして、なるべく低コストで製造できる工夫もされています。