155mm榴弾砲 FH-70

155mm榴弾砲FH-70155mm榴弾砲FH-70
155mm榴弾砲FH-70|自走形態155mm榴弾砲FH-70|自走形態
155mm榴弾砲FH-70|榴弾砲後方榴弾砲後方
155mm榴弾砲FH-70|榴弾砲後方榴弾砲後方
155mm榴弾砲FH-70|砲弾装填部分砲弾装填部分
155mm榴弾砲FH-70|自走操作部分自走操作部分
155mm榴弾砲FH-70|パノラマ眼鏡部分パノラマ眼鏡部分
155mm榴弾砲FH-70|砲脚ブレード砲脚ブレード
155mm榴弾砲FH-70|155mmH砲弾155mmH砲弾(模擬)
155mm榴弾砲FH-70|155mmH砲弾155mmH砲弾(模擬)
155mm榴弾砲FH-70|装薬(模擬)装薬(模擬)
155mm榴弾砲FH-70|射撃操作訓練射撃操作訓練
155mm榴弾砲FH-70|射撃体勢へ展開射撃展開
155mm榴弾砲FH-70|射撃体勢へ展開射撃展開
155mm榴弾砲FH-70|自走による移動自走による移動
155mm榴弾砲FH-70|牽引による移動牽引による移動
155mm榴弾砲FH-70|観閲行進観閲行進
155mm榴弾砲FH-70|観閲行進観閲行進
155mm榴弾砲FH-70|射撃準備射撃準備
155mm榴弾砲FH-70|空砲射撃空砲射撃
155mm榴弾砲FH-70|空砲射撃空砲射撃
155mm榴弾砲FH-70|多砲門空砲射撃多砲門空砲射撃
155mm榴弾砲FH-70|降雪時射撃降雪時射撃
155mm榴弾砲FH-70|多砲門空砲射撃多砲門空砲射撃
155mm榴弾砲FH-70|実弾射撃実弾射撃
155mm榴弾砲FH-70|多砲門実弾射撃多砲門実弾射撃
装備品性能詳細
配 備 1983年
価 格 約3億6000万円
口 径 39口径155mm
弾 薬 155mmH
全 長
  • ・約9.8m(牽引時)
  • ・約12.4m(射撃体勢時)
砲身長 約6.02m
全備重量 約9.6t
最高速度 16km/h(補助動力による走行)
作動方式 垂直鎖栓式砲尾
給弾方式 半自動装填
砲身寿命 3000発
発射速度 6発/分
有効射程
  • ・通常弾:24km
  • ・噴進弾:30km
初 速 827m/秒
操作人員 9名
開 発
  • ・ビッカーズ(英)
  • ・ラインメタル(独)
  • ・OTOメララ(伊)
※EU3カ国による共同開発
製 造
  • 砲:日本製鋼所(ライセンス生産)
  • APU:富士重工(ライセンス生産)
装備品概要解説
155mm榴弾砲FH-70|装備品展示装備品展示

1978年にイギリス、ドイツ、イタリアによる、EU(ヨーロッパ)3カ国により共同開発された牽引式榴弾砲で、陸上自衛隊には155mm榴弾砲M1・105mm榴弾砲M2A1の後継として1983年から配備を始めました。

射撃を行う場合には初弾装填後に鎖栓が自動開放され、そこへ砲弾と装薬を押し込むんで射撃体勢が整い、この操作を繰り返すこと迅速な連続射撃が行える様になっています。
射撃データはコンピューターと連動していて、それにより後方に陣地展開する射撃指揮班へ正確なデータが送られることで精密な射撃を実施できます。

特徴としてAPU(Auxiliary Power Unit)と呼ばれる1800ccガソリンエンジンの補助動力を装備していて、牽引式火砲でありながら短距離ですが約16km/hの速度で自走が可能です。
このAPUが搭載されていることで射撃後に自走による陣地転換も行え、射撃位置を敵に特定される前に離脱できます。
反撃を受けて損害を出す前に逃れられるので生存性も向上します。
APUはフォルクスワーゲン社が開発した補助動力装置で、日本では富士重工業(スバル)がライセンス生産を行っています。

北海道以外の特科部隊に配備されていますが、配備から25年以上経過しているため旧式化が進んでいて、機動戦闘車の様に装軌式(キャタピラ)ではなく、装輪式(タイヤタイプ)の「装輪式自走榴弾砲」の開発も進められています。