82式指揮通信車

82式指揮通信車82式指揮通信車
82式指揮通信車|指揮車観閲行進82式指揮通信車|指揮車観閲行進
82式指揮通信車|試作車(武器学校)試作車(武器学校)
82式指揮通信車|車体前面車体前面
82式指揮通信車|車体左前部車体左前部
82式指揮通信車|車体右前部車体右前部
82式指揮通信車|正面(M2搭載)正面(M2搭載)
82式指揮通信車|車体右側面車体右側面
82式指揮通信車|車体左後部車体左後部
82式指揮通信車|車体右後部車体右後部
82式指揮通信車|車体後部車体後部
82式指揮通信車|車体右側面車体右側面
82式指揮通信車|12.7mm重機関銃M2搭載重機関銃M2搭載
82式指揮通信車|重機関銃搭載重機関銃搭載
82式指揮通信車|重機関銃搭載重機関銃搭載
82式指揮通信車|12.7mm重機関銃M2空砲射撃重機関銃空砲射撃
82式指揮通信車|5.56mm機関銃MINIMI搭載MINIMI搭載
82式指揮通信車|5.56mm機関銃MINIMI搭載MINIMI搭載
82式指揮通信車|MINIMI銃座搭載MINIMI銃座搭載
82式指揮通信車|第32普通科連隊第32普通科連隊
82式指揮通信車|第41普通科連隊第41普通科連隊
82式指揮通信車|高射学校高射学校
82式指揮通信車|観閲行進観閲行進
82式指揮通信車|観閲行進観閲行進
82式指揮通信車|観閲行進観閲行進
82式指揮通信車|観閲行進観閲行進
82式指揮通信車|観閲行進観閲行進
82式指揮通信車|陣地離脱陣地離脱
82式指揮通信車|状況開始報告状況開始報告
装備品性能詳細
制式化 1982年
価 格 約1億円
全備重量 13.6t
全 長 5.72m
全 幅 2.48m
全 高 2.38m
最低地上高 0.45m
最高速度 100km/h
登坂能力 60%
エンジン いすゞ10PB1
水冷V型4サイクル10気筒ディーゼルエンジン
出 力 305PS/2700rpm
乗 員 8名
武 装 ●固定武装なし(銃座搭載可能)
開 発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁)
製 造 小松製作所
装備品概要解説
82式指揮通信車82式指揮通信車

82式指揮通信車は1974年から開発が始まり1982年に制式化された、陸上自衛隊としては戦後初となる国産の装輪装甲車です。

当時の防衛庁(現:防衛省)が舗装路が各地域に整備されてきた日本の地理状況にあわせて、装輪式(タイヤタイプ)装甲車両の研究を始めます。
まず、三菱重工業に6輪タイプ、小松製作所に4輪タイプの試作車を依頼。後に小松製作所も6輪駆動の車両開発を行い、それが採用されることになり82式指揮通信車が制式化されました。

82式指揮通信車は「CCV:Command and Communication Vehicle」と略して呼ばれ、陸上自衛隊の公式愛称として「コマンダー」という呼び名がつけられています。

82式指揮通信車の場合は新規設計による開発・生産ということもあり、他国の指揮車両と比較してもコストが高くなっています。
しかし、この新規開発の車両をベースとした車両や派生型も作られ、見た目そのままに各種センサーや装置を搭載した「化学防護車(装輪)」があります。
また、機関砲を搭載した87式偵察警戒車や、後に開発される96式装輪装甲車軽装甲機動車にも技術が活かされています。

まさに日本の装輪装甲車両の礎となった車両であるといえるでしょう。
ただ一般的にはベースとなる装甲車を開発してから指揮車となる派生車両を製作するなどして開発コストを抑えます。

車体構造
82式指揮通信車|機動走行機動走行

車体自体は防弾圧延鋼板の溶接構造で、足回りに6輪のコンバットタイヤを装備した機動性を活かした作りで、6輪のうち前方の4輪を可動させて操舵(ステアリング)を行い、舗装路など通常は後部2軸、不整地などでは全駆動の6輪での走行に切り替えます。

装輪車ならではの機動性として舗装路では100km/hの速度で走行でき、塹壕などの幅1.5mまでの溝、600mmまでの段差。河川などでは水深1mの渡河性能がありますが、73式装甲車の様な浮航性能は持っていません。

車体前部には操縦室があり、右側に操縦手、左側に助手席。この助手席後部にエンジンがあり、操縦手席後部のあいている場所に後部指揮通信室へと繋がる通路があります。
82式指揮通信車の乗員は8名ですが、そのうち6名は後部で作業する指揮・通信担当の隊員が乗車します。

後部指揮通信室は外観からも分かる様に天井が高くなっていて、車内での立ち作業が可能で、6個の座席、通信器材(無線機・中継機・発電機など)、地図用ボード、作業用テーブルなどが配置されています。

武装・装備
82式指揮通信車|12.7mm重機関銃M2空砲射撃重機関銃空砲射撃

後部指揮通信室の右側天井にあるハッチ部分のキューポラには、12.7mm重機関銃M2 又は 5.56mm機関銃MINIMIの銃座を設置でき、固定武装がない82式指揮通信車の自衛火器として使用します。

他にも武装としては、助手席上部ハッチ前方に62式7.62mm機関銃の銃座も搭載できますが、あまり見かけることがありません。
また、後部指揮通信室には車内からも射撃ができる様に、車体右側面に3箇所、左側面に2箇所、後部ドアに1箇所のガンポート(銃眼)が設けられています。

89式装甲戦闘車などにもガンポートはありますが、銃眼周辺部分の防御性能が低下してしまうため、最近の装甲車両には設置されない傾向にあります。
87式偵察警戒車などは公道走行時に専用の風防を操縦席に取り付けて視界を確保しますが、82式指揮通信車は前部の防弾ガラス製の窓が広くそのまま走行で可能です。
そのため操縦席の窓には防弾板を下ろせる様になっています。

82式指揮通信車の運用・配備

82式指揮通信車の主な運用として、敵火力攻撃下の作戦地域において指揮所や各部隊への指揮・通信任務に使用されます。車体後部の指揮通信室では作業テープルを囲んで、臨時の作戦会議なども行えます。

駐屯地での創立記念行事で観閲行進の最初や各部隊先頭を行進しているのは、指揮官が乗車する指揮車両のためです。また戦闘訓練展示では敵部隊の武装した装甲車として登場し、戦車や対戦車誘導弾などで撃破されるやられ役的な姿を見られます。

1999年までに231両が調達され、全国の師団・旅団司令部、自走砲を装備した特科部隊、普通科連隊などに配備されています。