5.56mm機関銃MINIMI

5.56mm機関銃MINIMI5.56mm機関銃 MINIMI
5.56mm機関銃MINIMI|LAV銃座搭載LAV銃座搭載
5.56mm機関銃MINIMI|支援射撃体勢支援射撃体勢
5.56mm機関銃MINIMI|支援射撃体勢支援射撃体勢
5.56mm機関銃MINIMI|高機動車搭載高機動車搭載
5.56mm機関銃MINIMI|装備品展示装備品展示
5.56mm機関銃MINIMI|装備品展示装備品展示
5.56mm機関銃MINIMI|装備品展示装備品展示
5.56mm機関銃MINIMI|防護板付銃座防護板付銃座
5.56mm機関銃MINIMI|LAV銃座搭載LAV銃座搭載
5.56mm機関銃MINIMI|LAV車載LAV車載
5.56mm機関銃MINIMI|LAV車載LAV車載
5.56mm機関銃MINIMI|LAV車載LAV車載
5.56mm機関銃MINIMI|LAV車載LAV車載
5.56mm機関銃MINIMI|カバーオープンカバーオープン
5.56mm機関銃MINIMI|訓練展示後訓練展示後
5.56mm機関銃MINIMI|装備品紹介装備品紹介
5.56mm機関銃MINIMI|立ち撃ち立ち撃ち
5.56mm機関銃MINIMI|伏撃ち伏撃ち
5.56mm機関銃MINIMI|腰撃ち腰撃ち
装備品性能詳細
配 備 1993年
価 格 約240万円
口 径 5.56mm×45mm
全 長 1.038mm
銃身長 465mm
重 量 約6.9kg
作動方式 ガス圧作動式
給弾方式 弾倉(30発)|リンクベルト(200発)
発射速度 750~1000発/分
有効射程 約1000m
初 速 約925m/秒
開 発 FN(ファブリック・ナショナル)社
(ベルギー)
製 造 住友重機械工業
(ライセンス生産)
装備品概要解説
5.56mm機関銃MINIMI5.56mm機関銃MINIMI

89式5.56mm小銃の配備に合わせて、同じ5.56mmNATO弾が使用できる機関銃が必要になります。
そこで、62式7.62mm機関銃の後継として、国内開発ではなくベルギーのFN(ファブリック・ナショナル)社製の軽機関銃が採用されることになりました。

国内開発品ではありませんでしたが、今後を見据えた海外からの新技術習得のため、住友重機械工業による国内でのライセンス生産を行っています。

軽機関銃の運用目的は、小銃小隊が前進するための支援火器として、小銃よりも長射程で長時間の連続射撃にも耐えられる耐久性。
そして長時間の連続射撃のための大量の弾薬を携行するため、機関銃自体が軽量であることが求められています。
これらを踏まえながら、89式5.56mm小銃と同一の弾薬が使用できる事から、この機関銃が選ばれました。
MINIMIは非常に信頼性と実績のある機関銃で、日本以外にもアメリカやフランスなど世界34カ国以上で採用されています。

射撃時の作動方式は、ガス圧作動式の連射のみで単発などの切り替えはありませんが、発射速度750発/分と1000発/分を選ぶことができます。

給弾は、リンクベルト以外にも箱型弾倉が使用でき、89式5.56mm小銃やアメリカ軍のM16ライフルの弾倉も使える仕様になっています。

他にも、台座や地面などに安定させる二脚は標準装備され3段階に伸縮します。
またこれまでの62式7.62mm機関銃で使用されていたの三脚も装着可能です。

長射程を射撃するために照準スコープも装着でき、銃上部に設置されているキャリングハンドルは、過熱した銃身交換にも使用できるので、銃身交換の際に耐熱手袋を装着する必要がありません。

軽量で使い勝手が良いので軽装甲機動車高機動車に搭載したり、UH-1JやUH-60JAなどのヘリに搭載してドアガンとしても使用されます。