91式戦車橋

91式戦車橋91式戦車橋
91式戦車橋|戦車橋展開91式戦車橋|戦車橋展開
91式戦車橋|橋体部分橋体部分
91式戦車橋|戦車橋後部戦車橋後部
91式戦車橋|戦車橋後方戦車橋後方
91式戦車橋|架橋後アーム部架橋後アーム部
91式戦車橋|戦車橋展開戦車橋展開
91式戦車橋|架橋展開後架橋展開後
91式戦車橋|戦車橋上部戦車橋上部
91式戦車橋|走行時走行時
91式戦車橋|走行時後方走行時後方
装備品性能詳細
制式化 1991年
価 格 約5億円
全 長 10.90m
全 幅 4.00m
全 高 3.80m(標準姿勢)
全備重量 約41.8t
最高速度 50km/h
搭載機関 三菱10ZF22WT
空冷2サイクルV型10気筒
ターボチャージド・ディーゼル
出 力 720PS/2200rpm
乗 員 2名
架設構造 油圧・水平押出式
橋梁幅 4m
橋梁全長 20m
橋梁傾斜角 ±15度
渡河性能 18m
通過重量 最大60t
開 発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁)
製 造 三菱重工業
装備品概要解説
91式戦車橋91式戦車橋

67式戦車橋の後継として、1985年から開発が始まり1991年に制式化された自走式架橋装備です。

作戦展開地域で戦車や自走榴弾砲などの重車両を、前進の障害となる河川や地峡を通過するために使用されます。

91式戦車橋の乗員が搭乗する車体部分を含めて装甲化されているため、銃弾や砲弾が飛び交う戦闘地域においても戦車や装甲車両に随伴して行動し、迅速に架橋が行える機動力を持っています。

これまでの67式戦車橋は最大通過荷重が40tであったため、61式戦車や74式戦車には対応できていましたが、新たに配備された重量50tを超える90式戦車には対応できなくなりました。

そのため、さらなる戦車橋が必要となり、90式戦車を含む最大60tまでの車両を通過させられる91式戦車橋が配備が開始されました。

車体構造として、エンジンやサスペンションなどは74式戦車の車体を流用してほぼ同様のものを使用。
そこから戦車の砲塔部分を取り除いて、車体上部にスライド式の橋体(車両が通過する橋となるプレート部分)を搭載した構造になっています。

車体前部には橋体を送り出すジブアーム、車体前面下部に橋体展開時の転倒を防ぐアウトリガー。
さらに展開時の後部確認のために後方には監視カメラを設置し、自衛用に3連装の発煙弾発射機も2基設置されています。

橋本体の性能としては、橋梁幅4m、橋梁全長20m、傾斜角±15度で、18mまでの河川や窪地に架橋する能力を持っています。
架設時間は約5分で、撤収も10分程で行う事が可能です。

2009年までに20両が調達され、主に北海道の施設科部隊に配備されています。