91式戦車橋

91式戦車橋
91式戦車橋
91式戦車橋|観閲行進
観 閲 行 進
91式戦車橋|橋体部分
橋 体 部 分
91式戦車橋|戦車橋後部
戦車橋後部
91式戦車橋|戦車橋後方
戦車橋後方
91式戦車橋|走行時後方
走行時後方
91式戦車橋|走行時
走 行 時
91式戦車橋|戦車橋展開
戦車橋展開
91式戦車橋|戦車橋展開
戦車橋展開
91式戦車橋|戦車橋架橋後
戦車橋架橋後
91式戦車橋|架橋後の車体部分
架橋後の車体部分
91式戦車橋|戦車橋上部
戦車橋上部

装備品性能詳細

制 式 化 1991年
価  格 約5億円
全  長 10.90m
全  幅 4.00m
全  高 3.80m(標準姿勢)
全備重量 約41.8t
最高速度 50km/h
乗  員 2名
搭載機関 三菱10ZF22WT
空冷2サイクルV型10気筒ターボチャージド・ディーゼル
出  力 720PS/2200rpm
架設構造 油圧・水平押出式
橋 梁 幅 4m
橋梁全長 20m
橋梁傾斜角 ±15度
渡河性能 18m
通過重量 最大60t
開  発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁)
製  造 三菱重工業

装備品概要説明

67式戦車橋の後継として、1985年から開発が始まり1991年に
制式化された自走式架橋装備です。

作戦地域で河川や地峡を通過するため、戦車や装甲車両に随伴して行動します。
装甲化され戦闘が行われる地域においても、架橋が行える機動力を持ちます。

最大荷重40tの67式戦車橋は61式戦車や74式戦車には対応できましたが、
重量50tの90式戦車の配備開始により、さらなる戦車橋が必要となりました。
この装備は90式戦車を含む最大60tまでの車両を通過させられます。

エンジンやサスペンションなど、74式戦車の車体とほとんど同様の車体を使用し、
砲塔除去した車体上部にスライド式の橋体を搭載しています。

車体前後に橋体を送り出すジブアーム、車体前面下部に転倒を防ぐアウトリガー、
後方には監視カメラを設置し、自衛用に3連装発煙弾発射機を2基設置しています。

橋本体性能は橋梁幅4m、橋梁全長20m、傾斜角±15度、18mまでの
河川や窪地に架橋する事ができます。
架設時間は約5分で、撤収も10分程で行う事ができます。

2009年までに20輛が調達され、主に北海道の施設科部隊に配備されています。
災害派遣チタン
陸上自衛隊装備品一覧へ戻る
災害派遣チタン