陸自調査団 陸上自衛隊装備品施設装備

バケットローダー(装輪式)

バケットローダー:土砂運搬 ダウンロード(jpg)バケットローダー:土砂運搬
バケットローダー ダウンロード(jpg)バケットローダー
ダウンロードボタン・拡大画像を右クリック(モバイルは長押し)で画像を保存できます。
バケットローダー:エンジンルーム ダウンロード(jpg)エンジンルーム
バケットローダー:装備品展示 ダウンロード(jpg)装備品展示
バケットローダー:装備品展示 ダウンロード(jpg)装備品展示
バケットローダー:装備品展示 ダウンロード(jpg)装備品展示

ホイールローダー:横浜消防車両型

バケットローダー:横浜消防車両 ダウンロード(jpg)横浜消防車両

ホイールローダー:警視庁レスキュー隊車両

バケットローダー:警視庁レスキュー隊車両 ダウンロード(jpg)警視庁車両

装備品性能詳細

全 長 7.05m~7.16m
※バケット地上時
全 幅 2.45m(バケット幅)
全 高 4.86m~4.96m
※バケット最高時
車両重量 1.97m
車両重量 10.04t~10.81t
最高速度 38km/h
登坂能力 30度
最小回転半径 5.2m
出 力 120PS
バケット容量
  • ・1.5~1.6㎥(平積)
  • ・1.7~1.9㎥(山積)
掘削深さ 315mm~330mm
製 造 川崎重工業

装備品概要解説

バケットローダー ダウンロード(jpg)バケットローダー

掘削、排土、整地、牽引などを行う土木車両です。
車体前部のバケットを使って、トラックへの土砂の積み込みなどを行います。

アタッチメントを取り替えることで除雪作業などにも使用されます。

施設科部隊だけではなく、普通科、高射特科なども装備されています。

自衛隊ではバケットローダーですが、一般的にはホイールローダーと呼ばれている車両です。

ホイールローダーの様な装輪式(タイヤ)の掘削車両は自衛隊以外も装備していて、 警視庁や各県警、消防庁などが導入しています。

装輪式なら、そのまま公道も走れて、災害発生時にも迅速に土砂の掘削や排土が行えます。