多用途ヘリコプター UH-60JA

多用途ヘリコプターUH-60JA
多用途ヘリコプターUH-60JA
多用途ヘリコプターUH-60JA|地上展示
地 上 展 示
多用途ヘリコプターUH-60JA|地上展示
地 上 展 示
多用途ヘリコプターUH-60JA|記念塗装機体
記念塗装機体
多用途ヘリコプターUH-60JA|離陸前点検
離陸前点検
多用途ヘリコプターUH-60JA|同時離陸
同 時 離 陸
多用途ヘリコプターUH-60JA|編隊飛行
編 隊 飛 行
多用途ヘリコプターUH-60JA|急上昇
急 上 昇
多用途ヘリコプターUH-60JA|急旋回
急 旋 回
多用途ヘリコプターUH-60JA|着陸直前
着 陸 直 前
多用途ヘリコプターUH-60JA|ドアガン搭載
ドアガン搭載
多用途ヘリコプターUH-60JA|ドアガン搭載
ドアガン搭載
多用途ヘリコプターUH-60JA|ドアガン射撃
ドアガン射撃
多用途ヘリコプターUH-60JA|機体下部
機 体 下 部
多用途ヘリコプターUH-60JA|低高度飛行
低高度飛行
多用途ヘリコプターUH-60JA|低高度飛行
低高度飛行
多用途ヘリコプターUH-60JA|リペリング降下
リペリング降下
多用途ヘリコプターUH-60JA|ホイストで救助
ホイストで救助
多用途ヘリコプターUH-60JA|リペリング降下
リペリング降下

装備品性能詳細

配備年月 1997年
価  格 約38億円
全  長 19.76m(胴15.64m)
全  幅 16.36m(増加燃料タンク装備 幅5.49m)
全  高 5.13m
ローター径 16.36m(4枚)
全備重量 9,970kg
最高速度 295km/h
航続距離 約470km
上昇限度 約4,000m
搭載機関 T700-IHI-401C ターボシャフトエンジン×2基
出  力 1662SHP
乗  員 12名(操縦2名・人員10名)
武  装  
開  発  
製  造 三菱重工(ライセンス生産)|シコルスキー

装備品概要説明

UH-1Jの後継として採用された多用途ヘリコプターです。
アメリカ軍のUH-60ブラックホークを、自衛隊仕様にしたものです。
UH-1Jと交代していく計画でしたが、1機の購入価格が高価なため平行配備されています。

海上自衛隊と航空自衛隊で採用された機体に、陸上自衛隊用に装備を追加しました。
オプションの短翼と増槽を常時装着し、夜間や悪天候での飛行可能な前方監視赤外線装置(FLIR)、航法気象レーダー、慣性航法装置を追加しています。

これに陸上自衛隊向けでは、排気口にエンジンの排気温度を下げるIRサプレッシャー(赤外線抑制装置)
機体後方に空対空ミサイル自衛装置のチャフ・フレア発射機ワイヤーカッターを追加して生存性を高めています。

空中機動作戦での隊員輸送以外にも、12.7mm重機関銃や5.56mm機関銃を搭載できます。
ガンシップとして搭載火気によるドアガン射撃で、地上部隊を上空から支援できます。
120mm迫撃砲を機体下部に牽吊して、輸送する事もできます。

相馬原の第12ヘリコプター隊や木更津の第1ヘリコプター団、西部方面航空隊などの空中機動作戦や長距離飛行を多く行う部隊に配備されています。
沖縄の第15飛行隊の機体には、不時着時のフロート等の装備が追加されています。
災害派遣チタン
陸上自衛隊装備品一覧へ戻る
災害派遣チタン