多用途ヘリコプターUH-60JA

多用途ヘリコプターUH-60JA多用途ヘリコプターUH-60JA
多用途ヘリコプターUH-60JA|補助タンクなし補助タンクなし
多用途ヘリコプターUH-60JA|機体前面機体前面
多用途ヘリコプターUH-60JA|排気口排気口
多用途ヘリコプターUH-60JA|メインローターメインローター
多用途ヘリコプターUH-60JA|テイルローターテイルローター
多用途ヘリコプターUH-60JA|気象レーダー気象レーダー
多用途ヘリコプターUH-60JA|機体下部機体下部
多用途ヘリコプターUH-60JA|地上展示地上展示
多用途ヘリコプターUH-60JA|記念塗装機記念塗装機
多用途ヘリコプターUH-60JA|着陸体勢着陸体勢
多用途ヘリコプターUH-60JA|離陸前点検離陸前点検
多用途ヘリコプターUH-60JA|低高度飛行低高度飛行
多用途ヘリコプターUH-60JA|低高度飛行低高度飛行
多用途ヘリコプターUH-60JA|同時離陸同時離陸
多用途ヘリコプターUH-60JA|編隊飛行編隊飛行
多用途ヘリコプターUH-60JA|急上昇急上昇
多用途ヘリコプターUH-60JA|急旋回急旋回
多用途ヘリコプターUH-60JA|ホバリングホバリング
多用途ヘリコプターUH-60JA|ホイスト救助ホイスト救助
多用途ヘリコプターUH-60JA|リペリング降下リペリング降下
多用途ヘリコプターUH-60JA|リペリング降下リペリング降下
多用途ヘリコプターUH-60JA|リペリング降下リペリング降下
多用途ヘリコプターUH-60JA|M2ドアガン射撃M2ドアガン射撃
多用途ヘリコプターUH-60JA|ドアガン搭載ドアガン搭載
多用途ヘリコプターUH-60JA|ドアガン搭載ドアガン搭載
多用途ヘリコプターUH-60JA|ドアガン射撃ドアガン射撃
装備品性能詳細
配 備 1997年
価 格 約38億円
全 長 19.76m(胴15.64m)
全 幅 16.36m
(増加燃料タンク装備 幅5.49m)
全 高 5.13m
ローター径 16.36m(4枚)
全備重量 9,970kg
最高速度 295km/h
航続距離 約470km
上昇限度 約4,000m
搭載機関 T700-IHI-401C
ターボシャフトエンジン ×2基
出 力 1662SHP
乗 員 12名
(操縦2名・人員10名)
武 装 固定武装なし
銃座で重機関銃等搭載可
開 発 シコルスキー・エアクラフト社
製 造
  • 三菱重工業(ライセンス生産)
  • シコルスキー
装備品概要解説
多用途ヘリコプターUH-60JA多用途ヘリコプターUH-60JA

UH-1Jの後継として採用された多用途ヘリコプターで、アメリカ軍のUH-60ブラックホークを自衛隊仕様にして導入した機体です。

アメリカのシコルスキー・エアクラフト社で開発され、国内では三菱重工業によりライセンス生産を行っています。

当初は、UH-1Jとの入れ替えが計画されていましたが、1機の購入価格が高価なため現在でも平行配備がされています。

常時搭載が基本として運用されていますが短翼はオプションで、そこへ外部燃料タンクとして増槽を搭載。
また、夜間や悪天候での飛行を可能とする前方監視赤外線装置(FLIR)、航法気象レーダー、慣性航法装置が追加装備されています。

多用途ヘリコプターUH-60JA|着陸体勢着陸体勢

この機体は陸海空自衛隊で運用されていて、海上自衛隊では対潜哨戒ヘリUH-60J/K、航空自衛隊では救難ヘリUH-60Jとして使用されています。

陸上自衛隊の場合にはさらに装備を追加していて、排気口にエンジンの排気温度を下げるIRサプレッシャー(赤外線抑制装置)。
これはエンジンの排熱(赤外線)を抑制することで、赤外線誘導の誘導弾(ミサイル)からの脅威を抑える効果があります。

さらに実際にミサイルを発射された場合に対して、機体後方に空対空ミサイル自衛装置としてチャフ・フレア発射機も搭載されています。
より生存性を高めるために、メインローターが電線やトラップへの接触防止としてワイヤーカッターを機体上部に設置しています。

機体運用として多用途ヘリならではの多岐にわたる使用がされていて、作戦地域での空中機動による隊員や物資輸送、機体からのレンジャー隊員によるリペリング降下。

多用途ヘリコプターUH-60JA|M2ドアガン射撃M2ドアガン射撃

固定武装はありませんが、専用銃座と設置して12.7mm重機関銃M25.56mm機関銃MINIMIを搭載しての地上部隊支援も実施します。
これはアメリカ軍でも同様な運用が行われており、ガンシップとして搭載火器によるドアガン射撃による地上部隊支援や制圧にも活用されています。

災害発生時には、要救助者をホバリングの状態で要救助者を機内へ吊り上げるホイスト装置も搭載されています。

また、UH-1Jよりもエンジン出力があり輸送能力も高いことから、機体下部に120mm迫撃砲などを吊るして輸送する事も可能です。

配備部隊として、相馬原駐屯地の第12ヘリコプター隊や木更津の第1ヘリコプター団、西部方面航空隊などの空中機動作戦や長距離飛行を多く行う部隊に配備されています。
沖縄の第15ヘリコプター隊の機体は離島間の急患輸送などにも使用されることもあり、万が一の海面不時着時の際のフロート等の装備が追加されています。