陸自調査団 陸上自衛隊装備品化学・衛生装備

11/2t救急車

1 1/2t救急車1 1/2t救急車
1 1/2t救急車|後方1 1/2t救急車
1 1/2t救急車|負傷者の搬入負傷者搬入
1 1/2t救急車|負傷者の搬入負傷者搬入
1 1/2t救急車|訓連展示参加訓連展示
1 1/2t救急車|救護所待機救護所
1 1/2t救急車|訓練参加訓練参加
1 1/2t救急車|観閲行進観閲行進
1 1/2t救急車|観閲行進観閲行進
1 1/2t救急車|傾斜地走行傾斜地走行

キャビン内

1 1/2t救急車|キャビン内キャビン内
1 1/2t救急車|担架搭載部担架搭載部
1 1/2t救急車|ラックラック
1 1/2t救急車|毛布収納毛布収納
1 1/2t救急車|空調空調

装備品性能詳細

全 長 6.03m
全 幅 2.22m
全 高 2.87m
全備重量 4.21t
最高速度 115km/h
出 力 125Kw
積載量 370Kg(11人)
搭載人員
  • ・運転席×2名
  • ・担架(後部)×4床
  • ・着座(後部)×8名
担架2・着座4などを選択
製 造 トヨタ自動車

装備品概要解説

1 1/2t救急車訓連展示

11/2tトラック(73式中型トラック)の後部に、完全密閉式のキャビンを搭載した緊急車両指定(サイレンを鳴らしての公道を緊急走行ができる)を受けている自衛隊としては珍しい救急車です。

後部密閉式キャビンには担架を4床、着座姿勢で8名が収容可能。担架を2床+着座で4名など搭載する人員の状態によってキャビン内のレイアウトを変更できます。担架のみをフルで搭載する際には着座部分上部から担架収容ラックを降ろし2段ベッドの様な状態で搬送します。

73式中型トラックを新型へモデルチェンジする際に、車体や足周りなどに高機動車と同じコンポーネントが使用されました。これにより73式中型トラックも11/2tトラックへと名称が改められることになります。新規配備の1 1/2t救急車も同様に高機動車ベースへと変更されています。

この新型ベース車は高機動車と基本仕様が同じなので変速装置がオートマチックです。足回りも被弾時でも走行可能なランフラットタイヤを装備。このタイヤは空気圧調整装置が搭載されているので車両の操作性や乗員の乗り心地が旧型に比べて良くなっています。また運転席、後部キャビン共にエアコンが標準装備されています。

全国の普通科部隊や衛生隊などに配備されています。