203nn自走榴弾砲

203mm自走榴弾砲 M110A2203mm自走榴弾砲 M110A2
203mm自走榴弾砲|スペード部203mm自走榴弾砲|車体後部スペード
203mm自走榴弾砲|砲前部砲前方部分
203mm自走榴弾砲|車体正面車体正面
203mm自走榴弾砲|砲後部砲後部
203mm自走榴弾砲|砲可動部砲可動部
203mm自走榴弾砲|砲弾装填部砲弾装填部
203mm自走榴弾砲|履帯部分履帯部分
203mm自走榴弾砲|武器学校配備武器学校配備
203mm自走榴弾砲|西部方面隊西部方面隊
203mm自走榴弾砲|訓練終了後訓練終了後
203mm自走榴弾砲|陣地進入陣地進入
203mm自走榴弾砲|陣地進入陣地進入
203mm自走榴弾砲|陣地変換陣地変換
203mm自走榴弾砲|観閲行進観閲行進
203mm自走榴弾砲|観閲行進観閲行進
203mm自走榴弾砲|観閲行進観閲行進
203mm自走榴弾砲|実弾射撃準備実弾射撃準備
203mm自走榴弾砲|実弾射撃実弾射撃
203mm自走榴弾砲|実弾射撃後実弾射撃後
203mm自走榴弾砲|空砲射撃空砲射撃
203mm自走榴弾砲|空砲射撃空砲射撃
装備品性能詳細
配 備 1983年
価 格 約3億4500万円
全 長 10.7m
全 幅 3.15m
全 高 3.14m
全備重量 28.5t
最高速度 54km/h
航続距離 約500km
乗 員 5名
操作人員 13名
搭載機関 8V-71T GM製
水冷2サイクルV型8気筒
スーパーチャージド・ディーゼル
出 力 411PS|2,300rpm
最大射程
  • 約30,000m(噴進弾)
  • 約24,000m(通常弾)
発射速度 1.5発/分
武 装 37口径203mm榴弾砲 ×1
弾 薬 203mmH
製 造
  • 砲部
    ・日本製鋼所
  • 車体
    ・パシフィック・カー&ファウンダリー
    ・小松製作所
  • 砲身
    ・ボーウェン・マクラフリン・ヨーク
    (輸入)
装備品概要解説
203mm自走榴弾砲203mm自走榴弾砲

1983年から配備を始めた203mm自走榴弾砲は、もともと1978年にアメリカで開発された「M110A2 203mm自走榴弾砲」を導入したものです。

M113装甲兵員輸送車に、155mm自走榴弾砲M109のエンジンを搭載し、コストを抑えて開発されました。

203mm自走榴弾砲は陸上自衛隊最大の火砲で、車体・砲部は国内でライセンス生産を行っていますが、砲身部分はアメリカからの輸入によるものです。

この陸上自衛隊に導入された203mm自走榴弾砲はM110A2という性能向上タイプで、37口径に砲身を延長して射程を40%伸ばし、砲口に射撃時の反動を抑制する制退器が取り付けられています。

99式自走155mm自走榴弾砲やアメリカのM109A6パラディンなどの自走榴弾砲とは異なり、装甲などの外装が無くて砲もむき出しです。
これは大型輸送機での空輸を考慮しているためで、車体は必要最小限の大きさに作られ、砲の旋回も左右30度までに限定された旋回です。

外装などはありませんがオプションとして、砲弾装填などを行う操作部上部に幌による屋根を取り付けることができる様になっています。

203mm自走榴弾砲|車体後方車体後方

車体を最小限度の大きさにしたことで、自走砲でありながら砲の操作に必要な人員をすべて乗車させられず、砲弾も2発しか車体に搭載できません。
そのため乗車できない操作員と砲弾は、同行する87式砲側弾薬車に搭載して移動します。

射撃方法として、給弾・装填は半自動化され、1分間に1.5発の発射性能を持っています。
また、車体後部に付いてられているドーザーブレードの様な見た目のスペードと呼ばれる装置を地面に突き立てることで、射撃時の反動を受け止めています。

給弾・装填などが自動化されている事で、このサイズの牽引式榴弾砲が操作員20名だったのに対して、13名へと削減され、陣地進入から射撃までの時間が短縮されていることも特徴です。

しかし、配備から30年以上が経過しいることからも装備自体の旧式化が目立ちます。
噴進弾を使用した場合の射程が最大約30kmですが、これは最新の99式自走155mm自走榴弾砲の通常弾と同じです。

これまでに91両が調達され、各方面隊の特科群や特科大隊などに配備されています。