対人狙撃銃 M24 SWS

対人狙撃銃M24SWS対人狙撃銃 M24 SWS
対人狙撃銃|デザートカラーデザートカラー
対人狙撃銃|狙撃銃側面狙撃銃側面
対人狙撃銃|M3スコープM3スコープ
対人狙撃銃|M3スコープM3スコープ
対人狙撃銃M24SWS|デザートカラーデザートカラー
対人狙撃銃|狙撃手携行狙撃手携行
対人狙撃銃|狙撃手携行狙撃手携行
対人狙撃銃|偽装隊員携行偽装隊員携行
対人狙撃銃|目標を狙撃目標を狙撃
対人狙撃銃|観閲行進観閲行進
対人狙撃銃|擬装による狙撃擬装による狙撃
対人狙撃銃|実弾射撃体勢実弾射撃体勢
対人狙撃銃|目標へ命中目標へ命中
装備品性能詳細
配 備 2002年
価 格 約61万円
口 径 7.62mm
弾 薬 7.62×51mmNATO弾
(.308ウィンチェスター弾)
全 長 約1092mm
銃身長 420mm
重 量 4.7kg
作動方式 ボルトアクション
給弾方式 弾倉式(容量5発)
有効射程 800m
初 速 868m/秒
開 発 レミントン・アームス社(米)
製 造 レミントン・アームス社(米)
輸入購入のみ
装備品概要解説
対人狙撃銃|狙撃銃側面対人狙撃銃

2002年に陸上自衛隊として初めての本格的な対人用の狙撃銃で、アメリカのレミントン・アームズ社製のM24 SWS(Sniper Weapon System)を評価用に購入した後、対人狙撃銃との名称で採用しました。

この狙撃銃は競技として開発された「レミントン700」が元になっています。
これを改修して1988年に開発された狙撃用ライフル銃で、米軍や日本以外にも世界各国で採用されていて信頼性があります。

陸上自衛隊ではこれまで「狙撃」を行う場合には、64式7.62mm小銃や89式5.56mm小銃にスコープを装着して狙撃銃の代わりに使用していました。
しかし対テロ能力向上などで狙撃の重要性が高まり、小銃程度の射程や精度でしか射撃ができず、本格的な狙撃銃が必要となり導入されました。

M24の後の「SWS」というのは、狙撃銃固定倍率10倍レオポルド社製M3スコープ銃床前部二脚を一式を合わせてシステムとしたものです。

対人狙撃銃|観測手と狙撃手観測手と狙撃手

銃の概要として口径は7.62mmで弾薬も共通規格のNATOを使用し、5発入りの弾倉を備えています。

射撃は単発のボルトアクション式(排莢を一発ごとに行う)で、連発よりも一撃必中の精度を求めたライフル銃であることがわかります。

この小銃などにみられるガス圧給弾の複雑な銃内部構造と比べ、可動部分が少ないのは精密射撃に向いているということに繋がります。

銃の調達は5.56mm機関銃MINIMI12.7mm重機関銃M2などの様に、国内企業でのライセンス生産は行わず全て輸入購入のみになっています。

これまでは陸上自衛隊の普通科中で技量の高い隊員が狙撃を担当していましたが、対人狙撃銃の導入後からは、普通科連隊内に専門の狙撃班を編成して任務を行っています。

狙撃任務の場合、隊員は単独または観測手(スポッター)と共に2名で隠密に行動するのが基本となっています。
また、より隠密性を高めるために新たに「ギリースーツ」も同時期に導入されています。