78式戦車回収車

78式戦車回収車78式戦車回収車
78式戦車回収車|正面78式戦車回収車|正面
装備品性能詳細
配備年月 1978年
全 長 7.95m
全 幅 3.18m(スペード取り外し時)
全 高 2.40m
全備重量 約38.9t
最低地上高 約0.40m(地上高変換可)
旋回性能 超信地
最高速度 53km/h
牽引能力 38t
吊上能力 20t
駆動機関 三菱10ZF22WT
空冷2サイクルV型10気筒ターボチャージド・ディーゼル機関
出 力 720PS/2,200rpm
乗 員 4名
武 装 12.7mm重機関銃M2×1
開 発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁
製 造 三菱重工
装備品概要解説
78式戦車回収車|側面側面

74式戦車の配備に合わせて開発が始まり、その4年後の1978年配備に配備が開始された戦車の整備・回収する車両です。

74式戦車の車体をベースにして、車体前部に乗員席、車体中央に主ウインチ、右側に大型クレーン、車体前方にドーザーブレードを装備しています。

ウインチを使用して行動不能の戦車の引き上げ、クレーンで重量物の積み下ろし、ドーザーブレードは戦車回収時の反動を抑える役割も果たします。

78式戦車回収車が配備される以前の70式戦車回収車などには無かった装備として伸縮旋回クレーンを備えていて、これにより格段に作業効率が上がりました。

ウインチの牽引能力は38tで、使用するワイヤーは60mあり、吊り上げ能力20tクレーンを使用して戦車砲やエンジンの交換も行えます。

戦車部隊、特科部隊等と同行して、行動不能になった戦車等の回収作業を行います。
これまでに約50両が生産されています。