87式偵察警戒車

87式偵察警戒車
87式偵察警戒車
87式偵察警戒車|車体前面
車 体 前 面
87式偵察警戒車|車体前方
車 体 前 方
87式偵察警戒車|車体後方
車 体 後 方
87式偵察警戒車|車体前面
車 体 前 面
87式偵察警戒車|車体前方
車 体 前 方
87式偵察警戒車|25mm機関砲
25mm機関砲
87式偵察警戒車|装備品展示
装備品展示
87式偵察警戒車|観閲行進
観 閲 行 進
87式偵察警戒車|観閲行進
観 閲 行 進
87式偵察警戒車|観閲行進
観 閲 行 進
87式偵察警戒車|偵察行動
偵 察 行 動
87式偵察警戒車|偵察行動
偵 察 行 動
87式偵察警戒車|偵察後離脱
偵察後離脱
87式偵察警戒車|機関樹空砲射撃
機関樹空砲射撃
87式偵察警戒車|小隊行動
小 隊 行 動
87式偵察警戒車|車載機関銃射撃
車載機関銃射撃
87式偵察警戒車|偵察警戒
偵 察 警 戒

装備品性能詳細

制 式 化 1987年
価  格 約2億5000万円
全  長 5.99m
全  幅 2.48m
全  高 約2.8m
全備重量 約15t
最高速度 約100km/h
航続距離 約500km
乗  員 5名
搭載機関 いすゞ10PBI 水冷4サイクルV型10気筒ディーゼル
出  力 305PS|2700rpm
武  装 エリコンKBA-B02 25mm機関砲 ×1
74式車載7.62mm機関銃(同軸) ×1
開  発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁
製  造 車 体|小松製作所
機関砲|日本製鉄所

装備品概要説明

82式指揮通信車についで採用された偵察、警戒を主任務とする、
国産のRCV(Reconnaissance Combat Vehicle)偵察用装輪装甲車です。
1983年より3億4200万円で開発が始まり、1987年に制式化されました。

陸上自衛隊の偵察任務はオートバイが主装備でしたが、
非装甲のため生存性などの問題がありました。
本車両の配備により任務遂行能力が飛躍的に向上しました。

防御力は小銃弾を防ぐ程度ですが、
路上走行速度が100km/hのため高い機動性で強行偵察に威力を発揮します。

製作は小松製作所で82式指揮通信車とエンジン等パーツを共有しています。
車体は圧延防弾鋼板による全溶接構造となっています。

乗員は車長、砲手、操縦手、前部偵察員、後部偵察員の5名で、
車体後部右にエンジン、車体前部右側に操縦手席、左側に偵察員席、
砲塔内に車長と砲手が搭乗します。

ハッチ上部に設置されたカメラにより、車内モニターから監視が行えます。
ハッチは車体前面、砲塔上部、車体両側面、車体後部にあります。

砲塔にスイスのエリコン社製の対地、対空両用25mm機関砲を装備しています。
二重給弾方式により徹甲弾と榴弾の切り替えが可能です。

機関砲同軸には74式車載7.62mm機関銃を搭載しています。
その他に微光暗視装置やコンバットタイヤを装備しています。
災害派遣チタン
陸上自衛隊装備品一覧へ戻る
災害派遣チタン