87式偵察警戒車

87式偵察警戒車87式偵察警戒車
87式偵察警戒車|公道走行用風防付き公道走行用風防付き
87式偵察警戒車|車体前面車体前面
87式偵察警戒車|車体前面車体前面
87式偵察警戒車|車体前方車体前方
87式偵察警戒車|車体前方車体前方
87式偵察警戒車|車体側面車体側面
87式偵察警戒車|車体後方車体後方
87式偵察警戒車|車体後方車体後方
87式偵察警戒車|車体後部車体後部
87式偵察警戒車|砲塔部分砲塔部分
87式偵察警戒車|25mm機関砲25mm機関砲
87式偵察警戒車|25mm機関砲25mm機関砲
87式偵察警戒車|車載機関銃車載機関銃
87式偵察警戒車|コンバットタイヤコンバットタイヤ
87式偵察警戒車|発煙弾発射機発煙弾発射機
87式偵察警戒車|偵察警戒偵察警戒
87式偵察警戒車|威力偵察威力偵察
87式偵察警戒車|装備品展示装備品展示
87式偵察警戒車|観閲行進観閲行進
87式偵察警戒車|観閲行進観閲行進
87式偵察警戒車|観閲行進観閲行進
87式偵察警戒車|偵察行動偵察行動
87式偵察警戒車|偵察警戒偵察警戒
87式偵察警戒車|偵察行動偵察行動
87式偵察警戒車|偵察後離脱偵察後離脱
87式偵察警戒車|機関銃空砲射撃機関銃空砲射撃
87式偵察警戒車|小隊行動小隊行動
87式偵察警戒車|車載機関銃射撃車載機関銃射撃
87式偵察警戒車|主砲実弾射撃主砲実弾射撃
装備品性能詳細
制式化 1987年
価 格 約2億5000万円
全 長 5.99m
全 幅 2.48m
全 高 約2.8m
全備重量 約15t
最高速度 約100km/h
航続距離 約500km
乗 員 5名
搭載機関 いすゞ10PBI
水冷4サイクルV型10気筒ディーゼル
出 力 305PS|2700rpm
武 装
開 発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁
製 造
  • 車 体|小松製作所
  • 機関砲|日本製鉄所
装備品概要解説
87式偵察警戒車87式偵察警戒車

82式指揮通信車に続いて1983年より開発が始まり、1987年に制式化された国産の装輪装甲車です。
この装備は偵察、警戒を主任務とする偵察用装輪装甲車で、RCV(Reconnaissance Combat Vehicle)と略されて呼ばれています。

これまで陸上自衛隊の偵察任務には偵察オートバイによる機動偵察がメインでしたが、オートバイは生身で非装甲のため生存性の問題や、反撃時の火力不足が問題でした。
この装備の配備により偵察任務の遂行能力が飛躍的に向上し、火器搭載による威力偵察も行える様になりました。

87式偵察警戒車の製造は小松製作所で行われ、エンジンなどのパーツを82式指揮通信車と共通のものを使用することで、開発期間の短縮と製造コストを抑える工夫がされています。

防御性能として、車体は圧延防弾鋼板による全溶接構造で小銃弾を防ぐ程度の装甲になっていますが、舗装路走行時の速度が100km/hにもなるため、特に市街地での高い機動性による強行偵察に効果を発揮します。

87式偵察警戒車|機関銃空砲射撃機関銃空砲射撃

車体構造として、コンバットタイヤを装備した6輪の車体上部に、スイスのエリコン社製の対地・対空両用可能な25mm機関砲を装備した砲塔を搭載。
機関砲同軸には、90式10式戦車などにも搭載されている74式車載7.62mm機関銃を備えています。
この機関砲には二重給弾方式が用いられ、射撃時に徹甲弾と榴弾の切り替えも可能になっています。

乗員は、車長、砲手、操縦手、前部偵察員、後部偵察員の5名で、車体後部右にエンジン、車体前部右側に操縦手席、左側に偵察員席、砲塔内に車長と砲手が搭乗します。

乗員の乗り降りに使用されるハッチは、車体前面、砲塔上部、車体両側面、車体後部にあり、砲塔上部のハッチ前部に設置されたカメラにより、車内モニターからでも監視が行える様になっています。
微光暗視装置も備えているので、夜間での監視任務にも対応可能です。