74式戦車

74式戦車74式戦車
74式戦車(G型)改74式戦車(G型)改
74式戦車|砲塔前方砲塔前方
74式戦車|車体後部車体後部
74式戦車|履帯部分履帯部分
74式戦車|油圧制御油圧制御
74式戦車|戦車壕戦車壕
74式戦車|戦車壕戦車壕前方
74式戦車|防護板装着防護板装備
74式戦車|富士学校試作車富士学校試作
74式戦車|広報センター展示車りっくんランド
74式戦車|降雪時降雪時
74式戦車|戦車の洗車戦車の洗車
74式戦車|小隊行進小隊行進
74式戦車|小隊行進小隊行進
74式戦車|観閲行進観閲行進
74式戦車|観閲行進観閲行進
74式戦車|機動展示機動展示
74式戦車|空砲射撃空砲射撃
74式戦車|実弾射撃発射炎実弾射撃
74式戦車|実弾射撃発砲炎実弾射撃
74式戦車|実弾射撃発砲炎実弾射撃
装備品性能詳細
配 備 1974年9月
価 格 約4億円
全 長 9.41m
全 幅 3.18m
全 高 2.25m(標準姿勢時)
全備重量 約38t
最高速度 約53km/h
搭載機関 三菱10ZF22WT空冷2サイクルV型10気筒
ターボチャージド・ディーゼル
出 力 720PS/2,200rpm
乗 員 4名
武 装
開 発 防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁)
製 造
  • 車体・砲塔:三菱重工
  • 主砲:日本製鋼所
装備品概要解説
74式戦車|実弾射撃発射炎実弾射撃

61式戦車の後継として開発された第2世代の戦後2両目となる国産戦車で、1965年に開発研究が開始、1969年に試作第1号の試験が始まり、試作を重ね1974年9月に制式化されました。

74式戦車と共に研究開発が進められていた「射撃統制装置」は、レーザー測遠機・アナログ式弾道計算機・砲安定装置から構成され、照準潜望鏡や直接照準眼鏡に加えて方向指示器・高低照準具からなる間接照準具も装備されました。

足周りのサスペンションには国産初の油気圧式のものが採用され、車体を上下・前後に傾けられることで斜面においても平地同様の射撃ができます。
砲塔は鋳造構造(溶かした金属を型に流し込む製造法)で、被弾時の避弾経始(敵弾の衝撃を分散して跳弾させる事)を考えた作りになっています。
車体は砲塔とは異なり溶接構造で、砲塔共に操作性を重視したため居住性を犠牲にています。

74式戦車|姿勢制御姿勢制御

主砲にはイギリスのロイヤル・オードナンス社の51口径105mmライフル砲が使われ、国内で日本製鋼所によるライセンスが行われています。
この砲はアメリカのM60戦車やドイツのレオパルド1にも使用されている砲です。

国産戦車としては初のNBC(核・生物・化学)兵器に対する防御能力を備えていて、東日本大震災での福島第1原発水素爆発後の放水冷却に障害となっていた瓦礫を、車体前部に取り付けられたドーザーブレードで除去する作業にも出動しました。
これは戦車が分厚い鋼板で覆われている事に加えて、NBC防護装置のエアフィルターが搭載されているためで、これらがあるからといっても被曝量が低下するだけで"しない"わけではありません。
また、追加パーツとしてシュノーケルを装着することで、河川などの潜水渡河機能も備えています。

74式戦車|G型暗視装置G型暗視装置

74式戦車の次に開発されたのが90式戦車ですが、冷戦時代の北部方面防衛のための北海道限定配備だったのが90式戦車なので、全国配備としては74式戦車の後継は10式戦車になります。

74式戦車の後に開発された装備品の中には、この車体やエンジンなどを流用して開発することでコストを抑えた装備があり、「87式自走高射機関砲」や「91式戦車橋」などに車体が使われています。

74式戦車にはレアな機体が存在していて、レーザー検知装置・パッシブ式暗視装置等を装備した、「74式戦車改(G型)」と呼ばれる車両が4両だけ試作生産され、現在は静岡県の御殿場地区にある「駒門駐屯地」や「富士学校」でのみ見る事ができます。

現在では新たな製造は終了していて最終的に873両が生産され、順次10式戦車へ更新されていく予定ですが、全て置き置き換わるのは当分先です。