軽装甲機動車

軽装甲機動車|LAV軽装甲機動車
軽装甲機動車|航空自衛隊配備軽装甲機動車|航空自衛隊配備
軽装甲機動車|車体後部車体後部
軽装甲機動車|車体後部車体後部
軽装甲機動車|車両銘板車両銘板
軽装甲機動車|後部フック後部フック
軽装甲機動車|ラック搭載ラック搭載
軽装甲機動車|後部ラック後部ラック
軽装甲機動車|フロント部分フロント部分
軽装甲機動車|車体前部車体前部
軽装甲機動車|前輪部分前輪部分
軽装甲機動車|防護板防護板
軽装甲機動車|防護板防護板
軽装甲機動車|防護板有無防護板有無
軽装甲機動車|スペア付きスペア付き
軽装甲機動車|広報センター展示広報センター展示
軽装甲機動車|第1空挺団第1空挺団
軽装甲機動車|擬装車両擬装車両
軽装甲機動車|被災車両被災車両
軽装甲機動車|機関銃搭載機関銃搭載
軽装甲機動車|小銃携行小銃携行
軽装甲機動車|無反動砲携行無反動砲携行
軽装甲機動車|01軽MAT携行01軽MAT携行
軽装甲機動車|01軽MAT射撃01軽MAT射撃
軽装甲機動車|ヘリ牽吊り準備牽吊り準備
軽装甲機動車|ヘリ牽吊りヘリ牽吊り
軽装甲機動車|訓練展示訓練展示
軽装甲機動車|訓練展示訓練展示
軽装甲機動車|暴動鎮圧訓練暴動鎮圧訓練
軽装甲機動車|観閲行進観閲行進
軽装甲機動車|観閲行進観閲行進
軽装甲機動車|観閲行進観閲行進
軽装甲機動車|小隊駐機小隊駐機
軽装甲機動車|小隊駐機小隊駐機
軽装甲機動車|災害派遣災害派遣
装備品性能詳細
配備年月 2002年
価 格 約3000万円
全 長 4.40m
全 幅 2.04m
全 高 1.85m
全備重量 約4.5t
最高速度 100km/h
航続距離 約500km
乗 員 4名
搭載機関 4サイクル水冷ディーゼル
出 力 160PS
車体防護
  • ・圧延鋼板
  • ・防弾ガラス
武 装 固定武装なし
(5.56mm機関銃MINIMI搭載可)
開 発
製 造 小松製作所
装備品概要解説
軽装甲機動車軽装甲機動車

1994年に小型装甲車という名称で小松製作所と防衛省技術研究本部
(現:防衛装備庁によって開発が始まった、敵部隊に対して機動戦闘を行う目的の装輪式装甲車です。

開発完了後の2000年に部隊認承というかたちで配備されたので、制式化の場合につけられる「○○式」は名称にはありません。

Light Armored Vehicle|LAV(ラヴ)」と略して呼ばれ、陸上自衛隊としてはライトアーマーという愛称も付けられています。

2002年には各普通科部隊への配備が始まり、この頃には特にテロリストに対しての市街地戦闘としてや、邦人警護などでは小型で長距離の移動が必要なため、よりこの装甲車の重要性が増してきました。

高機動車などの装甲の施されていないトラックに比べて、車体全体が装甲で覆われている軽装甲機動車の配備は、任務に携わる隊員の生存性が高くなりました。
また、離島などへの空輸や海上輸送が行えることが前提として開発されているため、C-130輸送機に搭載できるサイズと重量になっています。
この前提条件をふまえた結果、装甲は小銃弾を防ぐ程度にとどまっています。

軽装甲機動車|ヘリ牽吊りヘリ牽吊り輸送

空輸する場合には輸送機内部への搭載だけではなく、着陸不可能な地域への投入などには機内からの落下傘による空中投下や、大型輸送ヘリCH-47Jの機体下部フックでの吊り下げ輸送も行える様にもなっています。

車両構造としては水冷式ディーゼルエンジンを車体前部に搭載し、足回りには四輪駆動のコンバットタイヤを備えています。

このオフロードに適した車体によって、野戦の際の不整地走行や被災地での散乱した瓦礫でも乗り越えられる走破性能があり、舗装路にいたっては最高速度100km/hでの走行が可能となっています。

隊員が搭乗するには左右4箇所と後部1箇所にドアがあり、車体上部にもハッチが備わっていて、乗員は前後の座席に2名ずつ武装した状態の隊員が計4名乗り込めます。
見た目よりも車内が広いので、防弾チョッキや小銃で武装した隊員がそのまま乗り込んでも狭さを感じない空間が確保されています。

軽装甲機動車|01軽MAT携行01軽MAT携行

戦闘の場合、LAVには固定武装は搭載されていませんが、機関銃を設置できる銃座と防弾盾が車上にあり、この上部ハッチから隊員が身を乗り出して5.56mm機関銃MINIMIなどで援護射撃します。

また、対人だけではなく敵戦車に対しても車上から撃ちっぱなし可能な01式軽対戦車誘導弾を射撃し、誘導弾発射と同時に離脱するヒット・アンド・アウェイを行えます。

身を乗り出して支援戦闘する場合、身を乗り出した部分の足元が自由に回転する構造になっているため、全周囲に対して柔軟に警戒・対処ができる様に考えられています。

開発時には製造効率も考えられていて、装甲板には民間向けの特殊高張力鋼板を使用していたり、エンジンなどのパーツにも民生品を多用しています。
これは交換パーツの生産終了や更新など、部品サイクルに合わせて調達できる様にしたことで、製造コストを抑えるのにも繋がっています。

軽装甲機動車|中央即応連隊中央即応連隊

宇都宮中央即応連隊国際活動教育隊など、海外派遣の多い部隊の一部LAVには発煙弾発射機が備わった車両も配備されています。

さらにPKO(国際平和協力法)やイラク復興支援で使用された車両には、車体上部に追加の防護板と、走行中に隊員が身を乗り出してワイヤーや電線などによる負傷を防ぐためのワイヤーカッターが増設されています。

この海外派遣の際にはLAVにエアコンが備わっていたため、外国で共に活動する国の兵士から快適だと好評だった様です。
イラク復興支援に使用された車両は、陸上自衛隊広報センター りっくんランドの入り口で見ることができます。

LAVは装甲車としては1両3000万円とわりとコストが低いため、全国の普通科部隊に年間100両程度のペースで現在でも配備が続けられています。

陸上自衛隊とは異なる塗装が施された車両は、航空・海上自衛隊にも基地防衛用に配備さています。