陸自調査団 陸上自衛隊装備品銃火器

74式車載7.62mm機関銃

74式車載7.62mm機関銃74式車載7.62mm機関銃
74式車載7.62mm機関銃|車両車載時89式装甲戦闘車車載時
74式車載7.62mm機関銃|62式7.62mm機関銃62式7.62mm機関銃
74式車載7.62mm機関銃|胴体胴体
74式車載7.62mm機関銃|胴体胴体
74式車載7.62mm機関銃|グリップグリップ
74式車載7.62mm機関銃|10式戦車搭載10式戦車搭載
74式車載7.62mm機関銃|74式戦車搭載74式戦車搭載
74式車載7.62mm機関銃|10式空砲射撃10式空砲射撃
74式車載7.62mm機関銃|警戒車空砲射撃警戒車空砲射撃
装備品性能詳細
制式化 1974年
口 径 7.62mm
全 長 1085mm(1078mm)
銃身長
  • ・625mm
  • ・702mm(消炎器付)
重 量 20.4kg(19.4kg)
発射速度
  • ・高発射|約1000発/分
  • ・低発射|約700発/分
作動方式 ガス圧利用
給弾方式 リンクベルト給弾
製 造 住友重機械工業
装備品概要解説
74式車載7.62mm機関銃|広報センター74式車載7.62mm機関銃

74式車載7.62mm機関銃は戦車や装甲車への搭載を目的として62式7.62mm機関銃を改造して開発された車載火器です。ブローニングM1919A4重機関銃の後継として1974年に制式化され住友重機械工業により国内製造されています。

機関部などの基本構造や弾薬は62式7.62mm機関銃と同じですが、車載化するためにグリップや引き金の変更、各部構造強化が施されたことにより重量は2倍に増加しています。そのかわり発射速度は最大650発/分から約1000発/分に強化。低速と高速発射の切り替えも可能になっています。

発射方法として引き金はトリガーを押し込む「押金トリガー式」に変更。これは12.7mm重機関銃M2にも使われている方式です。

この車載機関銃は戦車や戦闘装甲車の車上に設置されている12.7mm重機関銃M2とは異なり、戦車砲や機関砲の同軸機関銃として搭載されています。これは主に自衛のためではなく目標への同軸射撃を目的としています。ちなみに車載用に開発された機関銃ですが車両から下ろして三脚架に取り付けて地上射撃火器として使うことも可能になっています。

74式車載7.62mm機関銃は最新の10式戦車16式機動戦闘車などにも搭載されています。物持ちの良い自衛隊では同軸車載機関銃とし当分は使用され続けるでしょう。