2014年4月6日(日)開催
陸上自衛隊 宇都宮駐屯地
創立64周年記念行事
~9.装備品展示等~
装 備 品 展 示
装備品展示会場 装備品展示会場
駐屯地に所在する部隊の装備品を展示している会場です。
装備品展示会場の入り口から桜が綺麗です。
装備品展示:96式装輪装甲車 装備品展示:96式装輪装甲車 装備品展示:96式装輪装甲車
「96式装輪装甲車」です。
"96WAPC"と略したり、"クーガー"という愛称もあります。
訓練展示でも参加してい12.7mm重機関銃M2を搭載していました。
96式40mm自動擲弾銃、いわゆるグレネードランチャーも搭載できます。
装備品展示:軽装甲機動車 装備品展示:軽装甲機動車 装備品展示:軽装甲機動車
「軽装甲機動車」です。
"LAV"と略すか、ライトアーマーという愛称もあります。
やはり訓練展示でも参加していて、96式装輪装甲車に比べ格段に調達コストが低いです。
国産ですが民生部品多用等で部隊配備品なので、○○式は付きません。
装備品展示:155mm榴弾砲FH-70 装備品展示:155mm榴弾砲FH-70 装備品展示:155mm榴弾砲FH-70
「155mm榴弾砲FH-70」です。
後方の桜とのショットが粋ですね。
訓練展示で支援射撃を行った火砲です。
国内でライセンス生産されている、イギリス、イタリア、ドイツによる共同開発品です。
装備品展示:化学防護車 装備品展示:気密防護衣 装備品展示:化学剤検知器
「化学防護車」「気密防護衣」です。
主に化学科部隊に配備され、生物化学テロ等に対処します。
「気密防護衣」は中に隊員の方が入っています。
この日は涼しかったですが湿気がかなりあり、こんな気候時が一番辛いとの事です。
夏場は長靴一杯に汗が溜まる状態になります。
手に持っているのは「化学剤検知器」です。
装備品展示:化学防護車 装備品展示:化学防護車 装備品展示:化学防護車
「化学防護車」の後部です。
この化学防護車は"装輪式(タイヤ)"ですが装軌式(キャタピラ)も存在します。
マニュピレーター(ロボットアーム)で化学物質を回収します。
12.7mm重機関銃M2を搭載できて、車内から遠隔操作で動かせます。
装備品展示:73式小型トラック 装備品展示:73式小型トラック
「73式小型トラック」です。
「1/2tトラック」が通常使用される名称です。
駐屯地内や路上でも見かけるので、展示されるのは珍しいです。
こちらは新式の"パジェロ"ですが旧式は"ジープ"が使用されています。
装備品展示:81式短距離地対空誘導弾 装備品展示:81式短距離地対空誘導弾 装備品展示:81式短距離地対空誘導弾
「81式短距離地対空誘導弾」です。
"81短SAM"と略して呼ばれます。
これは"発射機"で一緒に"射撃統制装置"が行動します。
付随するレーダーは最新のフェーズドアレイレーダーが使用されています。
イージス艦と同じシステムのレーダーです。
装備品展示:93式近距離地対空誘導弾 装備品展示:93式近距離地対空誘導弾 装備品展示:93式近距離地対空誘導弾
「93式近距離地対空誘導弾」
"93近SAM"と略されます。
車体は高機動車が使用され、荷台に誘導弾4発入りコンテナが2つ搭載されています。
個人携帯の誘導弾「91式携帯地対空誘導弾」が車載された物です。
防衛資料館見学
防衛資料館
防 衛 資 料 館 入 口
防衛資料館:OH-6D
OH-6D
防衛資料館:UH1Bひよどり
UH-1B
装備品展示の見学を終えて「防衛資料館」へ向かいます。
資料館前には旧装備品等が展示されています。
OH-6DUH-1Bです。
OH-6Dは訓練展示でも参加し、UH-1BはUH-1Jの性能向上前の物です。
防衛資料館:74式戦車
88式地対艦誘導弾 と 74式戦車
防衛資料館:61式戦車
61式戦車
防衛資料館:60式装甲車
60式装甲車
「88式地対艦誘導弾」、「74式戦車」、「61式戦車」、「60式装甲車」です。
88式地対艦誘導弾は以前は宇都宮駐屯地にあった
第6地対艦ミサイル連隊が所在していたので展示されています。
74式戦車はまだ全国で活躍しています。
61式戦車は戦後初の国産戦車です。
60式装甲車は"立川駐屯地"入り口にも展示されています。
防衛資料館:105mm榴弾砲
105mm榴弾砲 と 155mm榴弾砲
防衛資料館:155mm榴弾砲
155mm榴弾砲
防衛資料館:38式野砲
38式野砲
資料館を守るように榴弾砲が展示されています。
見た感じが大きい方が「155mm榴弾砲」です。
隣が「105mm榴弾砲」で現在も祝砲で使用されたりします。
「38式野砲」は歴史を感じます。
防衛資料館:旧歩兵第59連帯門柱 防衛資料館:旧歩兵第59連帯門柱
資料館横に歴史的記録物があります。
明治42年に建設された旧歩兵舎の門です。
この駐屯地へ移築された歴史ある物です。
防衛資料館:南極の石 防衛資料館:東日本大震災災害派遣
資料館内へ入ります。
モラルとして旧軍の史料や遺品は撮影していません。
こちらは「南極の石」です。
そして「東日本大震災災害派遣の記録」です。
防衛資料館:拳銃
信号弾発射機 と 新式拳銃
防衛資料館:7.62mm機関銃
7.62mm機関銃等
防衛資料館:アメリカ製機関銃
アメリカ製機関銃等
銃火器も多数展示されています。
左は拳銃で信号弾発射機新式拳銃です。
中央は「7.62mm機関銃」で手前は現在も戦車車内に搭載されている車載機関銃です。
右は古い「アメリカ製機関銃」です。
防衛資料館:小銃
騎 兵 銃
防衛資料館:火縄式拳銃
火 縄 式 拳 銃
防衛資料館:世界の拳銃
世界各国の拳銃
左は「騎兵銃」です。
中央は「拳銃型の火縄銃」です。
右は「世界の拳銃」でコルトやブローニング等展示しています。
防衛資料館:対戦車ライフル
ドラグノフ対戦車ライフル
ひときわ大きなライフル銃は対戦車ライフルです。
ロシア製の「ドラグノフ対戦車ライフル」です。
防 災 展 示
防災コーナー 防災コーナー:県警レスキュー車 防災コーナー:県警レスキュー車
「防災展示コーナー」もあります。
災害派遣で使用する装備や警察の車両も展示しています。

「県警のレスキュー車」です。
警視庁もそうですが、各県警も救助用の装備と部隊を持ち始めています。
トラックに多数の救助用機材を搭載しています。
防災コーナー:県警キッチンカー 防災コーナー:県警キッチンカー
「県警のキッチンカー」です。
マイクロバスサイズの車体内部に炊事用機材が搭載されています。
ガス台やレンジ、冷凍冷蔵庫もあります。
陸上自衛隊の「野外炊具」のオールインワン型です。
防災コーナー:油圧カッター
スプレッター
防災コーナー:エンジン式削岩機
エンジン式削岩機
防災コーナー:投光機
投 光 機
陸上自衛隊の救助機材です。
車内に閉じ込められた人を、ドアをこじ開けて救助する「スプレッター」
倒壊した建造物の瓦礫を破砕する「エンジン式削岩機」
夜間での救助に使用する「投 光 機」
など色々な機材があります。
防災コーナー:手動敷削岩機
油圧カッター
防災コーナー:音響探知機
音響探知機
動力無しで扱える「油圧カッター」
倒壊した建物内などに要救助者がいるか"音"で探索する「音響探知機」
探知機を地面に当てて、ヘッドホンで聴くことで探索します。
高機動車体験試乗
92式地雷原処理車移動 訓練後の隊員移動 高機動車体験試乗
訓練展示で活躍していた「92式地雷原処理車」が移動していました。
海外派遣での支援活動で活躍する、中央即応連隊隊員と国連仕様のコンテナです。

そして「高機動車体験試乗」エリア到着です。
せっかくなので試乗していきます。
高機動車体験試乗 高機動車体験試乗開始 高機動車体験試乗開始
かなりの広さが有る駐屯地なので、試乗も楽しいでしょう。
列に列んで30分位でしょうか、やっと試乗開始です!

別の試乗車とすれ違います。
駐屯地内の「車両教習コース」を横切ります。
高機動車体験試乗開始:桜並木街道 高機動車体験試乗開始:桜並木街道 高機動車体験試乗開始:桜並木街道
教習コースを過ぎてカーブを曲がると!
長い直線の「美しき桜並木街道」です。
かなりの長さがある直線で、ずっと桜が植えられています。
春のドライブには最適な場所です。
高機動車体験試乗開始:桜並木街道 高機動車体験試乗開始 高機動車体験試乗開始
直線を過ぎ、曲がると今度は「桜並木のトンネル」を通過します。
こんな映画に出てきそうな道はなかなかありません。
訓練場を横切ると、桜の下に救急車が見えます。
体験試乗は以上です。
また、春になったら訪れたい所です。
装備品展示:92式地雷原処理車 装備品展示:92式地雷原処理車
先程の「92式地雷原処理車」は装備品展示会場に来ていました。
展示を見学します。
見学中にまたしても「大粒のみぞれ」です。
駐屯地に雪(あられ)降る 駐屯地に雪(あられ)降る 宇都宮駐屯地創立記念祭終了
ひと通り見学したので帰宅します。
「お気をつけてお帰り下さい」に見送られt帰ります。
こちらこそ任務がんばって下さい。
またいずれ訪問させていただきます。