陸自調査団 イベント報告2020年イベント

自衛隊装備品・広報展示 in ピオニウォーク東松山
自衛隊埼玉地方協力本部 入間地域事務所

来館日:2020年8月9日(日) 場 所:ピオニウォーク東松山(埼玉県 東松山市)

ピオニウォーク東松山:埼玉地方協力本部装備品・広報展示

埼玉地本広報:ピオニウォーク東松山
埼玉地本広報:ピオニウォーク東松山

埼玉県 東松山市にあるピオニウォーク東松山で自衛隊装備品・広報展示が開催されました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、埼玉地方協力本部 入間地域事務所としては今年初の広報展示になりました。

ピオニウォーク東松山は国道・県道沿いにある大きな複合ショッピングモールで、周辺にはホームセンターや家電量販店等もあります。電車でも東武東上線"高坂駅"から15分程の距離なので、とてもアクセスの良い場所です。また高坂駅から路線バスが直接モールへ乗り入れてもいます。

埼玉地本広報:イベント会場の装備品
埼玉地本広報:イベント会場の広報ブース

広報イベントは1階西口駐輪場前をメイン会場として実施しました。換気の良い屋外開催のため新型コロナの感染対策も考慮されています。とはいえ当日は気温が高く日差しも厳しい気候でした。それでも様々な年代の方々が珍しい自衛隊車両や広報ブースに足を止めて見学や自衛官とのお話をされていました。

埼玉地本広報:第32普通科連隊・軽装甲機動車
埼玉地本広報:第32普通科連隊・軽装甲機動車

今回、装備品展示に来られていたのは大宮駐屯地の第32普通科連隊の車両です。大宮駐屯地には普通科の他にも化学科部隊の教育を行う化学学校があります。残念ながら例年5月頃に一般開放が行われる大宮駐屯地の記念行事は新型コロナの影響で中止。来年の開催を楽しみに期待しています。

こちらは「軽装甲機動車」です。小松製作所製の小型装甲車で見た目とは違い、意外と車内は広く作られています。駐屯地や"りっくんランド"イベントでの体験搭乗の際には是非乗ってみてください。

埼玉地本広報:第32普通科連隊・高機動車
埼玉地本広報:第32普通科連隊・高機動車

第32普通科連隊からはもう1両、「高機動車」が展示されています。トヨタ製の一般車"メガクルーザー"を自衛隊仕様にした車両です。両車両とも連隊の本部管理中隊の装備です。

新型コロナは広報イベントの装備品展示にも影響しています。これまでなら高機動車は車内に入れたり、軽装甲機動車も子供が車上に乗って記念撮影できたりしました。そんな展示・体験がまたできる様になるのはいつなのか・・・。

埼玉地本広報:装備品展示(連絡通路から撮影)
埼玉地本広報:装備品展示(連絡通路から撮影)

私自身も自衛隊車両をイベントで見るのは久しぶりです。東京地本などでは広報展示をしていましたが、都内への移動やリスクを考えると行くのを控えていました。
今回、地元の埼玉で実施してくれたのはとても嬉しいです。屋外なら3密を避けて感染リスクも少ないでしょうから、各地域の地本でも積極的に実施してほしいです。

ピオニウォーク東松山はとても広いモールなので、この敷地の端でイベントをやっているのを知らない方もいたかと思います。それでも時間帯によってはたくさんの方々が見に来ていました。こちらはモールを上から見られる連絡通路から撮影した会場の様子です。

埼玉地本広報:災害派遣パネル展示
埼玉地本広報:災害派遣パネル展示

屋外展示だけではなく、モール内の2階 ピオニコート吹き抜けでも災害派遣パネル展示を実施しています。昨年、2019年に発生した台風19号での第32普通科連隊を始めとする自衛隊の活動の様子です。

埼玉地本広報:災害派遣パネル展示(ピオニウォーク東松山)
埼玉地本広報:災害派遣パネル展示(ピオニウォーク東松山)

そしてここピオニウォーク東松山自体も台風19号の影響で被害を受けています。近くを流れる都幾川が氾濫してモールが浸水。駐車場、建屋内が水浸して泥だらけになりました。

そんな浸水被害で大変な状況のモールですが、災害時には駐車場を自衛隊の災害派遣の活動拠点に提供しています。非常時に官民協力しての救出救助、復興支援できる関係なのはとても素晴らしいです。

埼玉地本広報:災害派遣パネル展示(ピオニウォーク東松山)
埼玉地本広報:災害派遣パネル展示(ピオニウォーク東松山)

時々、商業施設などで自衛隊の広報展示を行うと、市や県、施設側が苦情や批判を受けることがあります。それでも開催をO.K.してくれる企業や施設は積極的に利用していきたいです。こちらの写真は当時の施設駐車場と災害派遣に向かう部隊の様子です。

埼玉地本広報:パネル災害派遣展示(東松山市)
埼玉地本広報:災害派遣パネル展示

これらの活動写真は陸上自衛隊 第1師団サイトで見ることでできます。第1師団では災害派遣以外にも訓練や国際貢献、国家行事などを写真で見られます。

第1師団HP:災害派遣活動紹介 第1師団サイト
埼玉地本広報:モールと広報ブース
埼玉地本広報:装備品と自衛官募集

装備品以外にも埼玉地本による広報展示が行われています。映像から自衛隊の活動が分かるDVD放映、ペーパークラフトやオリジナルカレンダーの提供、子供には缶バッジやグッズなども配布されていました。この暑さなので自衛隊うちわを貰えるのは助かります。

埼玉地本広報:広報ブースの感染防止対策
埼玉地本広報:感染防止のパーテーション

換気のより屋外だからといって新型コロナウイルスへの感染対策がおろそかにはなっていません。数箇所にアルコール消毒を置いて来場者への手指の消毒のお願い、アンケート記入場所やブースにはアクリルパーテーションが設置されていました。

これで絶対に大丈夫という訳ではありませんが、少しでも来場された方に安心して見学・体験してもらえる工夫を感じました。各地本の地域事務所や募集案内所等でも感染対策が施されていますので、事前に連絡をして行ってみてください。

埼玉地本広報:軽装甲機動車の展示
埼玉地本広報:軽装甲機動車の後方

ピオニウォーク東松山でのイベントは10時から15時までの開催でした。終了間際まで人が途絶えることはなかったです。路線バスの到着場所だったことや隣の施設との連絡通路下だったのも良かったのではないでしょうか。

埼玉地本広報:軽装甲機動車の走行
埼玉地本広報:高機動車の走行

軽装甲機動車と高機動車の輪止めが外されエンジンを始動。15時が過ぎて撤収作業が始まりました。

埼玉地本広報:高機動車の前輪舵角
埼玉地本広報:高機動車の帰還

ちなみに高機動車はこの大きさでも旋回半径が5.6mなので小回りがききます。前輪を見るとかなりの舵角だということがわかります。後輪も旋回時には最大12度で傾くので、この車幅のある車両でも災害時に機動性を活かした活動が可能です。

埼玉地本広報:大宮駐屯地へ帰還
埼玉地本広報:軽装甲機動車の帰還

埼玉地方協力本部の広報官の方、第32普通科連隊の隊員の方々お疲れさまでした。そしてありがとうございました。今後も新しい社会活動と生活様式の中でイベントを実施できることを楽しみにしています。

本イベント参加の自衛隊地方協力本部(チホン)について

自衛隊への受験や仕事に興味がある方は下記までお問い合わせください。
【自衛隊埼玉地方協力本部 入間地域事務所】
 電話:04-2923-4691
埼玉地方協力本部サイト 埼玉地方協力本部Twitter

ピオニウォーク東松山:アクセス

  • 【アクセス:電車】
  • ●東武東上線「高坂駅」東口 ~ 徒歩約15分(約1.0km)
  • 【駐車場】
  • 終日無料で利用できる駐車場があります
  • 駐車台数:約4000台