陸自調査団 イベントレポート2022年イベント

イオンタウンふじみ野 あつまれ働くクルマ2022
埼玉地方協力本部が自衛隊車両を展示

開 催:2022年5月5日(木・祝) 場 所:イオンタウンふじみ野(埼玉県 ふじみ野市 福岡2-1-6)

イオンタウンふじみ野 あつまれ働くクルマ2022

イオンふじみ野 働くクルマ2022
イオンふじみ野 働くクルマ2022:イベント会場

埼玉県 ふじみ野市にあるイオンタウンふじみ野で「あつまれ働くクルマ2022」が、ゴールデンウィーク期間中の2022年5月5日(木・祝) こどもの日に開催。
東武東上線 上福岡駅から徒歩約20分の場所にあるイオンの駐車場の一角にある、ヒマラヤ公園横の特設会場で実施されました。

自衛隊、消防、警察、JAF、郵便局など、様々な職種で活躍するクルマ達が大集合するイベントです。
→「あつまれ働くクルマ2022 in イオンタウンふじみ野」のイベント情報はこちら

埼玉地方協力本部の広報ブース・自衛隊車両展示

イオンふじみ野 働くクルマ2022:自衛隊車両展示
イオンふじみ野 働くクルマ2022:自衛隊車両とイベント会場

自衛隊からは「埼玉地方協力本部 入間地域事務所」の広報ブース、大宮駐屯地の車両が出展。
15時頃に会場へ着きましたが、展示ブース・車両ともに、たくさんの人が見学・体験されていました。

では、働くクルマイベントということで、各展示車両について紹介します。
まずは、自衛隊の特殊車両から見ていきましょう。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:軽装甲機動車
イオンふじみ野 働くクルマ2022:軽装甲機動車の後部

今回の展示車両は、埼玉県 さいたま市にある、陸上自衛隊 大宮駐屯地の第32普通科連隊の車両が来ています。

こちらはその第32普通科連隊の「軽装甲機動車」です。
損傷に強いランフラットタイヤを装備しているので、災害派遣時にも瓦礫や悪路の多い地域でも活動できます。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:高機動車
イオンふじみ野 働くクルマ2022:高機動車の体験搭乗

体験乗車ができたこちらの車両はこちらは「高機動車」です。

この後部の乗員席(荷台)には、最大8名が乗車できます。
また、このサイズの車両ですが、後輪も旋回時に進行方向側に動くので、狭い道でも意外と小回りがききます。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:軽装甲機動車と高機動車
イオンふじみ野 働くクルマ2022:軽装甲機動車と高機動車

軽装甲機動車と高機動車は、陸上自衛隊を代表する車両です。
高機動車は、装甲は施されていませんが汎用性があって、レーダーや通信器材を搭載した装備品にも使われています。

軽装甲機動車は、航空自衛隊の基地警備用にも配備され、陸上自衛隊とは少しカラーリングが異なります。航空自衛隊の航空祭などで基地へ行く際は見てみてください。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:サイポンの敬礼
イオンふじみ野 働くクルマ2022:サイポンの広報活動

そして、写真の所々に見切れている、こちらのキャラクターは「埼玉地方協力本部」の地本(チホン)キャラ「サイポン」です。

サイポンは、陸(りく)・海(うみ)・空(そら)がいて、このパイロットヘルメットをかぶっているのは、サイポン(そら)です。

来場者と記念写真を撮ったり、子供たちにチビっ子限定シールを配っていました。
ポーズをお願いすると快く対応してくれましたよ。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:埼玉地本の広報ブース
イオンふじみ野 働くクルマ2022:埼玉地本の広報ブース

サイポンは、主に埼玉県内の自衛隊や埼玉地本のイベントに登場します。
その地本が来るイベントでは、車両とは別に器材展示や制服試着などができる広報ブースも出展されます。

「自衛官募集」の のぼりなどを見ると近づきにくいかもしれません。
でも、パンフレットやグッズがもらえたり、現役自衛官の、お兄さん、お姉さんが自衛隊のことについて色々とお話してくれます。
お祭りなどで出展していたら、是非立ち寄ってみてください。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:F-4EJファントムの計器類・HUD
イオンふじみ野 働くクルマ2022:F-4EJファントムの解説

この広報ブースに、今回は珍しいものが展示されていました。
2021年に運用が終了・退役した、航空自衛隊の戦闘機「F-4EJファントム」の操縦桿や計器類です。

最近、見て・触れる展示器材として作られたと噂には聞いていました。まさかもう見られるとは思っていませんでした。

こちらは、気圧や水平などのアナログメーターが付いた「計器類」と、照準が表示される「ヘッドアップディスプレイ(HUD)」です。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:F-4EJファントムの操縦桿
イオンふじみ野 働くクルマ2022:F-4EJファントムの操縦桿解説

F-4EJファントムの「操縦桿」です。
戦闘機というか、飛行機好きなら一番さわってみたい部分ではないでしょうか。

フライトゲームのスティックと同じく、人差し指部分にバルカン砲(機関砲)のボタン、その他、親指でミサイル等のウェポンリリースや姿勢制御等を行います。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:F-4EJファントムのスロットル
イオンふじみ野 働くクルマ2022:F-4EJファントムのスロットル解説

F-4EJファントムの「スロットル」です。
レバーが2つあって、それぞれが左右のエンジン出力になっています。
その他、スイッチがいっぱいあるので、説明を読んでみてください。

ちなみに、このスロットルを上げて、そこからもう一段階上げると、アフターバーナーになるそうですよ。
(この器材はアフターバーナーまでは動かない様に調整されていました)

運用が終わった装備品を、触れる展示として活用する取り組み。とても素晴らしいことだと思います。
できれば今後、VRゴーグルとあわせて体験できると、もっとパイロット気分を体感できていいかなと。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:南極の氷
イオンふじみ野 働くクルマ2022:南極の石

広報ブースには他にも、色々な展示があります。
海上自衛隊の砕氷船「しらせ」が持ち帰った「南極の氷」と「南極の石」です。

イベントは11時から行われ、晴天でそれなりに気温もありましたが、南極の氷はまだこの大きさで残っています。
純度が高いのか圧縮されて詰まっているからなのか、なかなか溶けにくい氷です。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:南鳥島の貝殻・砂
イオンふじみ野 働くクルマ2022:制服試着体験

南鳥島の貝殻や砂の展示や、子供制服試着などもありました。
制服や迷彩服を着た子供たちが会場内で記念写真を撮る姿は、何度見ても微笑ましい光景です。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:第1師団のPR
イオンふじみ野 働くクルマ2022:サイポンと軽装甲機動車

車両展示をした、第32普通科連隊は、第1師団隷下の部隊です。
その第1師団のPRとして、各SNSも紹介されていました。

自衛隊はTwitterやInstagramでのPRも活発で、第1師団以外にも公式SNSが多くあります。
大宮駐屯地のTwitterや所在部隊の中央特殊武器防護隊の公式もあります。
各部隊・駐屯地の活動や日常の様子が見られますので、是非、見てみてください。
大宮駐屯地公式Twitter 中央特殊武器防護隊公式Twitter

その他の働くクルマの展示

イオンふじみ野 働くクルマ2022:入間東部消防のポンプ車
イオンふじみ野 働くクルマ2022:入間東部消防のポンプ車

会場には自衛隊以外にもたくさんの働くクルマが展示されています。
消防、警察などの公安系も来ていますが、企業や市の働くクルマもあります。

子供たちに人気の赤い車「入間東部消防のポンプ車」です。
ナンバーが「119」なのは偶然なのか、広報用なのかわかりませんが・・・

イオンふじみ野 働くクルマ2022:埼玉県警察の白バイ
イオンふじみ野 働くクルマ2022:埼玉県警察のミニパト

埼玉県警察の白バイとミニパトです。
どちらも乗車して記念撮影が可能です。
こういうイベントでクラウンパトカーをよく見ますが、意外とミニパトは珍しいかも。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:JAFのレッカー車
イオンふじみ野 働くクルマ2022:JAFのレッカー車

JAFのレッカー車です。
この日はありませんでしたがJAFにも試着用の制服があって、子供たちが着ると小さな整備士さんみたいでかわいいですよ。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:ふじみ野市の排水ポンプ車
イオンふじみ野 働くクルマ2022:ふじみ野市の排水ポンプ車

ふじみ野市の排水ポンプ車です。
河川氾濫などで国土交通省んお排水ポンプ車が出動しますが、ふじみ野市でも別で保有している様です。
近年、豪雨災害が増えているので、遊水地の整備等とあわせて、こういう車両も各市町村にも配備が必要ですね。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:日本郵政の郵便車両
イオンふじみ野 働くクルマ2022:日本郵政の郵便EVバイク

日本郵政の郵便車両とEVバイクです。
とても身近で日常から見かける働くクルマです。

バイクだけでなく、日本郵政は車両の電動化を進めている様です。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:コカ・コーラトラック
イオンふじみ野 働くクルマ2022:コカ・コーラトラック

コカ・コーラトラックです。
運転席だけではなく、荷台部分に乗って記念撮影もできました。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:ふじみん号
イオンふじみ野 働くクルマ2022:ふじみん号

このかわいい顔の車両は市循環バスの「ふじみん号」です。
イオンふじみ野に来る途中でも何度か見かけました。
区間内を、大人が200円、子供が100円で乗れます。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:警察・消防の展示
イオンふじみ野 働くクルマ2022:高機動車とコカ・コーラトラック

玉地本参加の働くクルマイベントは久しぶりでした。
コロナ禍前は、お祭り市などのイベントにも積極的に地本は参加していました。
少しずつですが、こういう自衛隊や警察、消防が見られて体験できるイベントが増えてきて嬉しいです。

イオンふじみ野 働くクルマ2022:頑張るサイポン
イオンふじみ野 働くクルマ2022:働くクルマのイベント会場

この会場でもそうでしたが、感染対策等は徹底して行われています。
今後、イベント等に参加を予定されている方も、安心して来場してみてください。

イベントダイジェスト(スライド)

イオンタウンふじみ野 あつまれ働くクルマ2022
埼玉地方協力本部が自衛隊車両を展示
  • イオンふじみ野 働くクルマ2022:イベント会場
  • イオンふじみ野 働くクルマ2022:高機動車
  • イオンふじみ野 働くクルマ2022:軽装甲機動車とサイポン
  • イオンふじみ野 働くクルマ2022:コカ・コーラトラックと高機動車
  • イオンふじみ野 働くクルマ2022:F-4EJファントムの計器類
  • イオンふじみ野 働くクルマ2022:サイポンの敬礼
  • イオンふじみ野 働くクルマ2022:JAFレッカー車
  • イオンふじみ野 働くクルマ2022:ふじみん号

※画像はクリックで拡大表示できます

イベント参加の部隊と地本(チホン)について

今回のイベントに参加した自衛隊の部隊と地方協力本部です。
自衛隊を知りたい!自衛官の仕事に興味があるなどの方は下記までお問い合わせください。
■自衛隊埼玉地方協力本部 入間地域事務所
 電話:04-2923-4691

埼玉地方協力本部公式サイト 埼玉地方協力本部公式Twitter
■陸上自衛隊 大宮駐屯地
大宮駐屯地公式Twitter ■陸上自衛隊 第1師団
第1師団公式サイト 第1師団公式Twitter

イベント開催場所

  • 【イベント実施場所】
  • イオンタウンふじみ野
    (埼玉県 ふじみ野市 福岡2-1-6)
  • 【アクセス:電車】
  • ●東武鉄道東上本線「上福岡駅」東口 ~ 徒歩約20分(約1.0km)
  • 【駐車場】
  • 駐車台数:1800台
  • 利用料金:無料
  • 【駐輪場(自転車・バイク)】
  • 駐車台数:660台
  • 利用料金:無料

→「イオンタウンふじみ野公式HP:アクセス」はこちら