2014年4月6日(日)開催
陸上自衛隊 宇都宮駐屯地
創立64周年記念行事
~5.模擬戦闘訓練展示(後編)~
軽装甲機動車進入 155mm榴弾砲FH-70射撃 155mm榴弾砲FH-70射撃
小銃化小隊の前進に先立ち、支援射撃を実施します。
支援射撃弾着 支援射撃弾着
「弾着!今」
敵陣地に着弾して敵を威圧します。
75式ドーザ進入 75式ドーザ進入 75式ドーザ進入
前進を行う前に地雷原処理の残骸等を撤去するため、75式ドーザが投入されます。
75式ドーザ:障害除去 75式ドーザ:障害除去 75式ドーザ:障害除去
敵前の障害跡地を除去して行きます。
装甲化されたブルドーザーなので小銃程度の攻撃は通用しません。
75式ドーザ:障害除去 75式ドーザ:障害除去 75式ドーザ:障害除去
隊員の安全を確保された状態で障害の撤去が行えます。
障害処理後には速やかに離脱します。
96式装輪装甲車:12.7mm重機関銃射撃 96式装輪装甲車:12.7mm重機関銃射撃 96式装輪装甲車:12.7mm重機関銃射撃
軽装甲機動車と96式装輪装甲車共に前進します。
機関銃を掃射しながら前進して行きます。
96式装輪装甲車:12.7mm重機関銃射撃 96式装輪装甲車:12.7mm重機関銃射撃 96式装輪装甲車:12.7mm重機関銃射撃
12.7mm重機関銃M2を掃射しつつ、装甲車後部ハッチより武装した隊員が降車していきます。
96式装輪装甲車:下車戦闘 96式装輪装甲車:下車戦闘 96式装輪装甲車:下車戦闘
96式装輪装甲車から次々と隊員が降車して戦闘を開始します。
普通科隊員による下車戦闘が始まりました。
96式装輪装甲車:下車戦闘 96式装輪装甲車:下車戦闘 96式装輪装甲車:下車戦闘
圧倒的戦力により敵への攻撃を行います。
普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃
戦闘は激しさを増していきます。
89式5.56mm小銃で武装した隊員が次々と攻撃を行います。
普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃
小銃による攻撃と装甲車からの重機関銃攻撃を繰り返します。
隊員に被弾 被弾した隊員救護 被弾した隊員救護
その時!1名の隊員が被弾しました!
周囲の隊員が駆け寄り、援護しつつ助け出します。
被弾した隊員救護 被弾した隊員救護 被弾した隊員救護
応急処置できる場所まで移動させます。
その間も負傷した隊員を守る様に援護射撃を行います。
被弾した隊員救護 被弾した隊員救護 普通科部隊攻撃
被弾した隊員の装備を外して応急処置をします。
他の隊員は攻撃を緩めません。
敵部隊攻撃 敵部隊攻撃
敵もまだ攻撃を緩めません。
普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃
射撃と装填を繰り返します。
装填中の隊員を他の隊員が援護します。
普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃
負傷した隊員の救護はまだ終わりません。
普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃
応急処置後に装甲車へ搬送します。
普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃
負傷した隊員の救護が完了しました。
援護していた隊員に伝えます。
普通科部隊攻撃 普通科部隊攻撃 敵部隊攻撃
次なる隊員が負傷する前に突撃をします。
あと一歩で敵を制圧できる状態です。
支援射撃弾着 部隊一斉突撃 部隊一斉突撃
突撃支援射撃が開始されました。
「最終弾、弾着!今」
一斉に部隊が突撃前進を開始しました。
装甲車は後方より援護射撃を続けます。
部隊一斉突撃 部隊一斉突撃 部隊一斉突撃
敵陣地へ向けて射撃を行いながら前進します。
部隊一斉突撃 部隊一斉突撃 部隊一斉突撃
全隊員が一斉に突入して制圧します。
部隊一斉突撃 部隊一斉突撃 敵部隊制圧
敵部隊を殲滅して安全を確保します。
敵陣地周辺を警戒して別部隊が潜伏していないか警戒します。
部隊一斉突撃 敵部隊制圧 敵部隊制圧
後から装甲車が侵入して行きます。
敵陣地へ車両も侵入して陣地奥深くを警戒します。
敵部隊制圧 敵部隊制圧
敵工作員を陸上自衛隊の精鋭部隊が制圧しました!
敵部隊制圧 敵部隊制圧 敵部隊制圧
この様に「普通科部隊」、「装甲化された部隊」、「航空科部隊」、「障害除去の施設科部隊」
「支援射撃の野戦特科部隊」が連携して作戦を行います。
敵陣地奪還の戦闘訓練展示はれで
「状 況 終 わ り」です。
状 況 終 わ り!
訓練展示終了 訓練展示準備:弾薬確認 訓練展示準備:弾薬確認
訓練展示後は参加した隊員が「残弾確認」や「発射数と薬莢の確認」を行います。
数が合わないと捜索しなければならないので大変です。
訓練展示終了 訓練展示終了 訓練展示準備:弾薬確認
会場に危険物が無いかの確認も全員で行います。
敵の使用していた小銃は「89式5.56mm小銃をAK-47風」に模した物でした。
以上で戦闘訓練展示は終了です。