2014年4月6日(日)開催
陸上自衛隊 宇都宮駐屯地
創立64周年記念行事
~6.格闘訓練展示(前編)~
格闘訓練展示:入場 格闘訓練展示:入場
13時頃よりイベント広場にて「音 楽 演 奏」「格 闘 演 舞」が行われます。
格闘演舞の場所取りのため、音楽演奏は離れた場所で鑑賞します。
隣同士の場所なので演奏は聴く事ができました。
訓練場に隊員が入場します。
基 本 動 作
格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作
「基 本 動 作」からです。
まず小銃を使用しての動作です。
小銃を腰の位置で構えて敵へ突き出します。
格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作
次に胸の位置に構えて、敵頭部へ打撃を与えます。
前頭葉へ衝撃を与えて怯みます。
格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作
小銃を振り上げて、首付近へ振り下ろします。
頸動脈に損傷を与える感じです。
格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作
小銃を置き銃剣を装備します。
銃剣を構えて、敵心臓部へ突き刺します。
一撃で急所に損傷を与えます。
格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作
銃剣を顔側部に構えます。
上方から、敵首元へ突き刺します。
動脈を切断して行動不能にします。
組手による基本動作
格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作
武器を置きます。
基本動作の組手です。
相手がミットを持ち、素手で一撃を与えます。
「拳での一撃」や「肘での一撃」など多様な攻撃方法があります。
格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作
大型のミットに持ち替えます。
敵腹部へ「前蹴り」で攻撃を行います。
内蔵に衝撃を与えれば、怯ませる事ができます。
格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作
背後の敵などに有効な「ソバット」です。
回し蹴り効果もあるので、回転による衝撃も加わります。
格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作 格闘訓練展示:基本動作
勢いを付けての「中段蹴り(ミドルキック)」です。
確実に脇腹に入れば、肋(アバラ)を損傷させられます。
格闘訓練展示:組手 格闘訓練展示:組手 格闘訓練展示:組手
敵が殴り掛かって来た所を受け止めます。
腕をつかんで、体勢を崩し転倒させます。
腕をねじ上げて動きを封じます。
格闘訓練展示:組手 格闘訓練展示:組手 格闘訓練展示:組手
転倒した敵に馬乗りになり、マウントポジションを取ります。
上から打撃を与えつつ、隙を付いて腕を取ります。
そのまま腕を引き倒して「腕ひしぎ逆十字」でフィニッシュです。
格闘訓練展示:組手 格闘訓練展示:組手 格闘訓練展示:組手
別の転倒のさせる方法です。
攻撃を受け止めて、「顎に掌打」を与えて転倒させます。
転倒後に頭部を踏みしめて、行動不能にします。
格闘訓練展示:組手 格闘訓練展示:組手 格闘訓練展示:組手
敵の脇に手を周して抱えます。
そのまま体重移動により「背負投げ」で地面に叩き付けます。
地面がコンクリートなら、これで動く事が困難になります。
トドメで頭部に一撃を加えれば、行動不能は確実です。
個人対多人数による組手
格闘訓練展示:多人数組手
一人の隊員に対して多数の敵が襲い掛かる想定です。
多人数をいかに効率良く処理していくかが鍵となります。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
敵は「小銃」を携帯して至近距離で攻撃を仕掛けて来ます。
小銃を振り払って、腕をねじ上げます。
敵を転倒させて、小銃を奪い取ります。
小銃奪った事で優位に立ち、排除する事ができます。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
こちらも小銃で襲い掛かる敵への対処です。
向かってくる敵の小銃を脇で掴み、そのまま体勢を崩します。
不意に転倒させられた敵が怯んでいるうちに、小銃を奪い取ります。
小銃を奪って優位に立ち、行動不能にします。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
敵に背後から小銃で威嚇され動けない状態です。
しかし、素早い動作で振り返りざまに銃口を確保!
肘で顔面を一撃して、体勢を崩し転倒させます。
その隙に小銃を奪い形勢逆転!
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
小銃で「動くな!動くな!」と敵に威嚇されています。
少しずつ接近してくる敵の小銃を確保します。
そのまま小銃ごと押し倒して、転倒させ後頭部を強打させます。
動けない状態で小銃を奪い、敵を圧倒します。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
銃剣で襲いかかる敵への対処です。
振りかざしてきた銃剣の腕を受け止めます。
その腕を脇で挟み、足を掛けて転倒させます。
頭部を踏みつけて行動不能にします。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
敵の銃剣の動きに合わせて受け止めます。
受け止めたと同時に、首を抱えて体勢を崩します。
転倒させて銃剣を奪い、行動不能です。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
拳銃対する対応です。
背後から接近され、頭部に拳銃を突きつけられます。
隙をついて拳銃を握り、発射できない状態で振り向きます。
そのまま首を掴んで押し倒します。
拳銃を奪って形勢が逆転して圧倒します。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
鈍器への対応です。
振りかざしてきた鈍器を、その勢いのまま腕を取り抱えます。
「体投げ」の様に投げて転倒させて行動不能にします。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
「鈍器」対「小銃」です。
鈍器に対して、射撃だけでなく打撃による対応も可能です。
攻撃を受け止めて、振り払い一撃を加えます。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
不意打ちの上段蹴りです。
蹴りを肩で受け止めて、そのまま足を抱えます。
そのまま体勢を崩して転倒させ後頭部を強打させます。
頭部への一撃や締め付けるなどで行動不能にします。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
鈍器による攻撃を横から見た様子です。
振りかざす鈍器を脇で抱えて、そのまま引き倒します。
こちらも銃剣を所持しているので、それで一撃を加えて行動不能となります。
格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手 格闘訓練展示:多人数組手
銃剣を突き刺してきます。
すかさず回避して、銃剣側に移動します。
銃剣を持つ手を締めあげて、そのまま転倒させます。
手を曲がらない方向へ捻じれば人は転倒してしまいます。
実践的な格闘訓練展示(後編)へ