陸自調査団 イベント報告2011年イベント

平成23年度 富士総合火力演習【後段演習】

実施日時:2011年8月28日(日) 実施場所:東富士演習場(静岡県 御殿場市)
後段演習開始 偵察行動・航空偵察

敵部隊が上陸した想定で、自衛隊部隊の作戦展開を展示、後段演習が開始されます。 状 況 開 始! 観測ヘリコプターOH-1により、上空からの航空偵察を実施します。上陸してきた敵部隊の戦力や、侵攻状況を観測。偵察した情報を、内陸の作戦本部へと伝達します。

ヘリボン行動
UH-1J オートバイ降車 オートバイ偵察

OH-1による航空偵察で得られた情報を元に、次なる行動へ移ります。
地上部隊による、偵察行動が開始されます。UH-1Jが進入し、機内から搭載した偵察オートバイを降ろします。降機した偵察オートバイは、直ちに地上からの偵察行動を開始します。

AH-64Dアパッチ AH-64Dアパッチ射撃 AH-64Dアパッチ射撃

地上偵察部隊と次なる部隊投入を支援するため、ヘリ火力により援護します。
AH-64Dアパッチロングボウが進入し、前進する敵地上部隊への攻撃。機体下部の30mm機関砲を射撃し、敵車両・歩兵部隊に向けて掃射します。

UH-60JA UH-60JAから降下 降下後

アパッチ支援の元、進入する航空機によりヘリボン行動が行われていきます。
UH-60JAが進入し、レンジャー隊員がリペリング降下を実施。降下した隊員達は速やかに、作戦地域へ展開していきます。

CH-47Jから降下 普通科射撃 普通科射撃

CH-47Jも隊員を搭乗して、進入して来ました。
CH-47J後部ハッチが開放され、レンジャー隊員が降下。先程、降下した隊員と合流し、敵歩兵部隊へ向けて攻撃。
89式5.56mm小銃 及び 5.56mm機関銃MINIMIで敵に射撃を実施します。
敵の先行部隊に損害を与えました。

CH-47Jに搭載 CH-47Jに軽装甲機動車 軽装甲機動車から射撃

ヘリボン行動により、敵先行部隊は損害を与えられました。
後続の部隊に支援を要請し、敵の増援が送り込まれます。
敵増援に対して、陸上自衛隊は軽装甲機動車を投入。
CH-47Jに軽装甲機動車を牽吊して進入。降ろされた軽装甲機動車が速やかに前進し、5.56mm機関銃MINIMIで敵を一掃します。

CH-47J CH-47Jに搭載 CH-47Jから高機動車

CH-47Jが2機進入し、作戦地域へ小銃小隊が送り込まれます。
機内には車両には、武装した隊員達が乗車しています。着陸したCH-47J後部ハッチが開放され、高機動車が降ろされます。

CH-47Jから高機動車 高機動車に隊員

降機した高機動車には、多数の武装した隊員が乗車しています。
89式5.56mm小銃を携行し周囲を警戒。武装した小銃部隊は敵部隊が迫る地域へ前進していきます。

偵察行動・威力偵察
87式偵察警戒車 87式偵察警戒車-射撃

前進する部隊に対して、装甲化された偵察部隊が状況確認を行います。
87式偵察警戒車により、威力偵察を実施。搭載された主砲の25mm機関砲を射撃。攻撃と共に、敵の状況を確認します。

攻撃準備射撃・特科火力

さらに侵攻して来る敵部隊に対して、野戦特化部隊による支援射撃を実施。
敵上陸部隊への対戦車榴弾の射撃と、撹乱の為の煙幕弾を撃ち込みます。上陸部隊を混乱させ、我が部隊の前進を有利に進めます。

74式戦車 74式戦車の射撃

前進して来た敵装甲車両に対して戦車火力により、これを撃破します。
74式戦車が作戦地域へ進入して来ました。主砲の105mmライフル砲から徹甲弾を射撃し、敵装甲車両を撃破しました。

障害処理
92式地雷原処理車 92式地雷原処理車 92式地雷原処理車-処理ロケット発射

敵部隊に対する突撃を前に、敵が仕掛けた地雷原を無力化します。
92式地雷原処理車が作戦地域奥の高台へ進入。後部コンテナから92式地雷原処理ロケットを投射。

処理ロケット 処理ロケット 地雷原処理完了

処理ロケット後部に接続されたワイヤーには、多数の爆薬が付いています。
地雷原にロケットと共に、爆薬付きのワイヤーも落下。落下した爆薬を起爆させて、地雷を誘爆により無力化しました。

突撃支援射撃
90式戦車 90式戦車

敵部隊の侵攻は続き、我が部隊もこれを迎え撃ちます。
前進する敵戦車に対して、90式戦車の攻撃。主砲の120mm滑空砲から徹甲弾を射撃し、前進する戦車を撃破。

普通科部隊の攻撃
89式装甲戦闘車 89式装甲戦闘車 89式装甲戦闘車の35mm機関砲射撃

戦車部隊の攻撃と共に、普通科部隊の89式装甲戦闘車も進入。
敵車両・装甲車両を、搭載火器により攻撃。主砲の35mm機関砲を射撃し、敵車両を撃破しました。

敵部隊に対しての突撃開始
ヘリ部隊待機 発煙弾発射 発煙弾

部隊に対して、突撃の指示が出されました。最後の突撃に向けて、後方には攻撃ヘリも待機します。戦車・装甲戦闘車から発煙弾発射の発射に合わせて、全部隊が突撃を開始。

突撃・戦果拡張
ヘリ部隊進撃 ヘリ部隊進撃

突撃により戦果拡張が行われ、さらなる部隊が投入されていきます。この様に各部隊や様々な装備を合わせて、作戦が展開されていきます。
以上、状況終わり。

装備品展示
90式戦車マインローラー 88式地対艦誘導弾 装備品展示

後段演習後には安全確認後に演習会場で装備品展示が行われます。
90式戦車に地雷処理ローラーが取付けられています。88式地対艦誘導弾など、多数の装備品が展示されました。

10式戦車 AH-1Sコブラ 無人偵察機

10式戦車も展示されています。
AH-64Dの参加により、AH-1Sコブラの20mm機関砲の展示が無いのは寂しいです。遠隔操縦観測システムFFOSも車両上に展示されています。
平成23年度の火力演習は以上です。