陸上自衛隊吉井分屯地 開設61周年記念行事
~装備品展示・キャラ集合・ラッパ吹奏等~

  • 実施:2016年4月10日(日)
  • 場所:陸上自衛隊吉井分屯地(群馬県 高崎市)
実施イベントの項目へ移動します
装備品展示

駐屯地広場では装備品展示も行われています。
駐屯地外周に植えられた桜が、装備品のバックになっていて粋な感じがします。
他に広場では長野地本、群馬地本のブースも設営されています。
小規模なキッズコーナーも設けられていました。

この装備品展示の車両などは、第12旅団・相馬原駐屯地から来ています。
見た目よりも車内が広くて乗り心地も良い「軽装甲機動車」、25mm機関砲を主砲に搭載した「87式偵察警戒車

高射特科部隊の装備で「81式短距離地対空誘導弾(C)」です。
発射機側面の自動装填装置には、可視光画像・赤外線誘導の光波弾が展示されています。
アクティブ電波誘導方式の電波弾もあって状況により使い分けます。

牽引式で陸上自衛隊主力火砲の「「155mm榴弾砲 FH-70」」です。
イギリス・ドイツ・イタリアの3カ国共同開発で、国内メーカーがライセンス生産を行っています。
砲弾装填部分には、155mmH擬製砲弾が置いてあります。
軽装甲機動車横には「偵察用オートバイ」があります。
カワサキKLX250をOD色に塗装され、ガードやキャリアーを搭載した自衛隊仕様になっています。

ぐんまちゃん・地本キャラ登場

午後、記念式典や不発弾処理訓練展示終了後には、吉井分屯地に来てくれたキャラクター達との握手会が開催されました。
群馬県の自衛隊という事もあり、大人気の「ぐんまちゃん」も来てくれました。
群馬地本キャラ「だるまん」、長野地本キャラ「しんちゃん」、防衛省・自衛隊キャラ「ピクルス王子
ぐんまちゃん人気に牽引されて、子供達が周りに集まって抱きついていました。
2頭身ではなく手が生身だった事もあり、ピクルス王子とは距離があったかな。

ラッパ吹奏展示

吉井分屯地有志隊員達による、「ラッパ吹奏展示」が行われます。
4名の駐屯地所属隊員達がラッパを吹奏しながら会場奥より入場して来ました。
陸海空自衛隊では起床や国旗掲揚などの場で、音階を変えるバルブのないラッパを吹きます。

ラッパ吹奏を行いながら入場して来た隊員達は演奏位置に着き、様々な自衛隊ラッパを演奏しました。
「起床・食事・気を付け・休め・集まれ・送迎の譜・陸将への栄誉礼・表彰式」など。
最後は走りながらでも吹奏が行える様子で、駆け足ラッパにより退場。
唇の震わしや息づかいだけで、様々な音色を出す自衛隊ラッパの素晴らしい展示でした。

ラッパ隊吹奏展示の「起床~駆け足ラッパまで」

資料館・体験搭乗など

吉井分屯地には弾薬資料館があり、様々な砲弾・誘導弾・爆薬などが展示されています。
手榴弾など訓練展示などでは目にする事の無い装備の、断面や構造が解説されています。
爆弾などが起爆するするための信管なども、構造と共に分かりやすく説明されています。
弾薬に関する隊員の方々向けの資料のため、さすがに撮影は禁止です。
弾薬庫と呼ばれる吉井分屯地ならではの資料館でした。

高機動車の体験搭乗も行われました。
体験搭乗エリアは警備隊員が立っているゲート奥にある、弾薬保管区域を走行します。
コンクリートの壁と重量感のある金属製扉により閉ざされた、弾薬保管庫が数カ所点在します。
区域は山の中に作られ、山頂部分にはヘリポートも完備します。
普段、見る事のない景色で物々しい雰囲気を感じられて、探検している気分になりました。

記念式典での催し物は一通り終わり、第102不発弾処理隊も朝霞へ帰って行きました。
小さな自衛隊施設で記念行事も小規模でしたが、他では見る事のできない内容が沢山ありました。
駐屯地正門ゲートの「ありがとうございました」に見送られて帰ります。
吉井分屯地 開設61周年記念行事は以上です。

実施イベントの項目へ移動します