東京消防庁陸自調査団【2023年1月イベントお知らせ】

芝消防署
第69回文化財防火デー消防演習:大本山増上寺
2023年1月23日(月)

芝消防署 第69回文化財防火デー消防演習:大本山増上寺ポスター ※ポスター出典元
芝消防署サイト

第69回文化財防火デーの実施にあわせて、東京都 港区にある大本山 増上寺で芝消防署による消防演習が実施されます。
消防隊・消防団・自衛消防隊による消防訓練や一斉放水などが行われますので、見学希望の方はご来場ください。

  • ■実施日時
  • 2023年1月23日(月)
    実施時間:9:30~10:00

『芝消防署 文化財防火デー消防演習:大本山増上寺』について

2023年1月23日(月)に、東京都 港区にある大本山 増上寺で芝消防署による消防演習が実施されます。
消防隊等による一斉放水など、一般の方の見学も可能ですので、是非ご来場ください。

1月26日の「第69回文化財防火デー」の実施にあわせて消防演習が実施されます。

●見学無料
※事前申し込みなくどなたでも見学いただけます。

  • ■開催日時
  • 2023年1月23日(月)
  • 実施時間:9:30~10:00
  • ■開催場所
  • 大本山 増上寺
    (東京都 港区 芝公園4-7-35)

→「大本山 増上寺公式サイト」はこちら

■文化財防火デー消防演習 大本山増上寺:イベント内容

  • ■消防演習内容
  • 【演習実施時間】
  •  時間:9:30~10:00
  • 【参加部隊】
  • ・芝消防署消防隊(消防車両5台)
  • ・芝消防団(消防車両2台)
  • ・増上寺自衛消防隊
  • 【演習内容】
  • ・増上寺への一斉放水
  •  など
文化財防火デー消防演習文化財防火デー消防演習

イベントの最新情報等は、芝消防署サイトをご確認ください。
→「芝消防署公式サイト

※天候や新型コロナウイルスの感染状況等によりイベントの中止や内容が変更となる場合があります。

文化財防火デーについて

文化財防火デーは、1955年に現在の文化庁と消防庁が1月26日に制定された全国的な文化財防火運動です。
文化財を震災や火災などの災害から保護し、国民の方々への文化財保護の意識の向上を目的に行われています。

文化財防火デーの始まりは、1949年1月26日に世界最古の木造建築としても貴重な奈良県の法隆寺金堂が炎上し、7~8世紀に描かれた壁画が消失しました。
同年の1949年2月に愛媛県の松山城。6月には北海道の松前城の一部が火災の被害にあっています。

翌年の1950年に文化財保護法が制定。1954年に法隆寺の修復完了と文化財を火災から守ろうという文化財保護への考えが強くなり、1月26日が文化財防火デーに定められました。

2019年度には世界文化遺産に登録されている沖縄県の首里城、フランスのノートルダム大聖堂が大きな火災による被害にあわれています。
後世に残していく貴重な文化財を守るため火災予防が推進されています。

→「東京消防庁:文化財防火デーについて」の詳細はこちら


第69回文化財防火デーポスター ※ポスター出典元
東京消防庁サイト

お問い合わせ

イベントに関するご質問は下記までお問い合わせください。
【芝消防署】
 電 話:03-3431-0119

イベント実施場所・交通案内

  • ■イベント実施場所
  • 大本山 増上寺
    (東京都 港区 芝公園4-7-35)
  • 【アクセス:電車】
  • ●都営地下鉄三田線「御成門駅」A1出口 ~ 徒歩約5分(約400m)
  • ●都営地下鉄三田線「芝公園駅」~ 徒歩約5分(約500m)
  • ●都営地下鉄大江戸線「赤羽橋駅」~ 徒歩約10分(約700m)

→「大本山 増上寺公式HP:アクセス」はこちら

2023年(令和5年)イベント 2022年(令和4年)イベント 2022年イベントカレンダー 2021年イベントカレンダー 2020年イベントカレンダー