KOZUE_CRF
KOZUE_CRF
CRFエンブレム

12.7mm重機関銃 M2

12.7mm重機関銃M2|トラック搭載対空射撃
トラック搭載対空射撃
12.7mm重機関銃M2|99式自走155mm榴弾砲搭載
99式自走155mm榴弾砲搭載
12.7mm重機関銃M2:三脚に固定
三脚に固定
12.7mm重機関銃M2:三脚に固定
三脚に固定
12.7mm重機関銃M2:10式戦車搭載
10式戦車搭載
12.7mm重機関銃 M2|NBC偵察車車載
NBC偵察車車載
12.7mm重機関銃 M2|リンクベルト空砲装填
リンクベルト空砲装填
12.7mm重機関銃M2|
12.7mm重機関銃 M2
12.7mm重機関銃 M2|指揮通信車車載
指揮通信車車載
12.7mm重機関銃 M2|73式装甲車車載
73式装甲車車載
12.7mm重機関銃 M2|73式小型トラック車載
73式トラック車載
12.7mm重機関銃M2:3t半トラック搭載
3t半トラック搭載
12.7mm重機関銃 M2|敵陣地設置
敵陣地設置
12.7mm重機関銃 M2|空砲対空射撃
空砲対空射撃
12.7mm重機関銃M2:1/2tトラックからの対空戦闘
対 空 射 撃
12.7mm重機関銃M2:1/2tトラック搭載
73式トラック車載
12.7mm重機関銃M2:96式装輪装甲車からの実弾射撃
実 弾 射 撃
12.7mm重機関銃 M2|陣地防衛用
陣地防衛用
12.7mm重機関銃M2:UH-60JA搭載
UH-60JA搭載
12.7mm重機関銃 M2|UH-1Jドアガン
UH-1Jドアガン
12.7mm重機関銃 M2|CH-47JAアガン
CH-47JAアガン
装備品性能詳細
配備年月 1985年
価  格 約547万円
口  径 12.7mm
使用弾薬 12.7mm×99mm
全  長 1,654mm
銃 身 長 1,143mm
全備重量 38.1kg(本体のみ・脚なし)
給弾方式 リンクベルト給弾
発射速度 400~600発/分
初  速 約890m/秒
有効射程

約1000m(対地)|約700m(対空)

作動方式 反動利用式
製  造 住友重機械工業(ライセンス生産)
装備品概要
第一次世界大戦中に、ジョン・ブローニングにより1918年に開発された水冷式のM1が原型です。
水冷式から空冷式に改良し、耐久性を向上させたタイプが、M2として1933年に登場してアメリカ軍で使用が始まります。
現在でも世界各国で使用され続けている、信頼性の高い機関銃で、量産性や汎用性も良いため使用され続けています。

自衛隊の前進である警察予備隊時に、アメリカから供与されたのが始まりで、
その後1985年より住友重機械工業でライセンス生産を始め、現在でも調達は続けられています。
陸上自衛隊だけでなく、海上・航空自衛隊・海上保安庁でも使用されています。

発射には、銃尾にある押金トリガーを押し込み発射し、反動で弾帯から自動装填されます。
長時間の連続発射を行える様に、銃身は分厚く作られ重量もありますが、単純な機構なのも信頼性が高い理由です。
三脚に設置すると、約58kgにもなりますが、重量がある事で反動が抑えられて射撃が安定します。

架台に設置して陣地防衛のために、対地射撃や航空機への対空射撃にも使用されてます。
戦車や装甲車両などに搭載したり、後方支援部隊の自衛火器としても使われています。
CRFエンブレム