KOZUE_CRF
KOZUE_CRF
CRFエンブレム

120mm迫撃砲 RT

120mm迫撃砲RT
120mm迫撃砲RT
120mm迫撃砲RT|迫撃砲後部
120mm迫撃砲RT|後方
120mm迫撃砲RT|迫撃砲正面
迫撃砲正面
120mm迫撃砲RT|迫撃砲側面
迫撃砲側面
120mm迫撃砲RT|射撃準備
射撃準備
120mm迫撃砲RT|高機動車で牽引
高機動車で牽引
120mm迫撃砲RT|高機動車で牽引
高機動車で牽引
120mm迫撃砲RT|ヘリによる空輸
ヘリによる空輸
120mm迫撃砲RT|ヘリによる空輸
ヘリによる空輸
120mm迫撃砲RT|牽引解除
牽引解除
120mm迫撃砲RT|観閲行進
観閲行進
120mm迫撃砲RT|観閲行進
観閲行進
120mm迫撃砲RT|観閲行進
観閲行進
120mm迫撃砲RT|擬装展開
擬装展開
120mm迫撃砲RT|擬装展開
擬装展開
120mm迫撃砲RT|擬似同時射撃
擬似同時射撃
120mm迫撃砲RT|射撃準備
射撃準備
120mm迫撃砲RT|実弾射撃
実弾射撃
120mm迫撃砲RT|実弾射撃
実弾射撃
120mm迫撃砲RT|実弾射撃
実弾射撃
装備品性能詳細
配  備 1992年
価  格 約3400万円
口  径 120mm
全  長 3,010mm(牽 引 時)
砲 身 長 2,080mm
重  量 582kg
発射速度 15~20発/分
有効射程 通常弾|8100m・推進弾|13000m
作動方式 前装填式
開  発 フランス/トムソンブラーント社(現TDA)
製  造 豊和工業(ライセンス生産)
装備品概要
フランスのトムソン・プラーント社で開発され、107mm迫撃砲M2の後継として導入されました。
1992年に配備が開始された重迫撃砲で、豊和工業がライセンス生産を行っています。

120mm迫撃砲RTは、陸上自衛隊で「普通科部隊最大の火砲」です。
81mm迫撃砲L16の様に個人で運搬は難しいので、高機動車等の車両により牽引されて作戦陣地まで移動します。

迫撃砲弾は、放物線を描いて飛翔して、敵上部から砲弾を撃ち込む事ができます。
対戦車迫撃砲弾を使用する事で、装甲車両の装甲の薄い車体上部から打撃を与えられます。

砲身内にはライフリング(旋状溝)が彫られ、放熱のために外周にも溝が刻まれています。
底板は分厚い金属の塊になっていて、射撃時の衝撃に耐えて地面に食い込んで、安定する構造になっています。
射程は通常弾でも約8kmあります。

一般道走行のために尾灯や反射板を付けているタイプもあります。
全国の普通科部隊重迫撃砲中隊などに配備されています。
CRFエンブレム