KOZUE_CRF
KOZUE_CRF
CRFエンブレム

戦闘ヘリコプターAH-64D
アパッチ・ロングボウ

AH-64Dアパッチ・ロングボウ
AH-64Dアパッチ・ロングボウ
AH-64D|西部方面航空隊
西部方面航空隊
AH-64D|70mmロケットポッド
ロケットポッド
AH-64D|30mm機関砲
30mm機関砲
AH-64D|ヘルファイア対戦車ミサイル
ヘルファイア
AH-64D|ロングボウレーダー
ロングボウレーダー
AH-64D|火器管制装置
火器管制装置
AH-64D|コックピット
コックピット
AH-64D|機体前方部分
機体前方部分
AH-64D|飛行機体下部
飛行機体下部
AH-64D|着陸の様子
着陸の様子
AH-64D|濃霧での飛行
濃霧での飛行
AH-64D|ロングボウレーダー無し
ロングボウ無し
AH-64D|エンジンハッチ開放
エンジンハッチ開放
AH-64D|30mm機関砲の実弾射撃
機関砲実弾射撃
AH-64D|機体下部
機 体 下 部
AH-64D|装備品展示
装備品展示
AH-64D|第3対戦車ヘリ隊
第3対戦車ヘリ隊
AH-64D|機体側面
機 体 側 面
AH-64D|機体後部
機 体 後 部
AH-64D|高速離脱
高 速 離 脱
AH-64D|急旋回
急 旋 回
装備品性能詳細
配備年月 2005年
価  格 約52億円(最終年度)
全  長 17.73m
全  幅 5.7m(スティンガーランチャー搭載時)
全  高 4.9m
同 体 長 14.96m
全備重量 10.4t
最高速度 266km/h
航続距離 約500km
上昇限度 約6400m
搭載機関 T700-IHI-701C ターボシャフトエンジン
出  力 1662HP×2
乗  員 2名
武  装 M230A1 30mm機関砲×1(固定武装)
AGM-114ヘルファイア対戦車ミサイル×16(最大)
ハイドラ」70mmロケット弾ポッド×4(最大)
AIM-92スティンガー空対空ミサイル×4
開  発 ボーイング社
製  造 機 体|富士重工(ライセンス生産)
エンジン|IHI(ライセンス生産)
装備品概要
1970年台からアメリカ陸軍向けに現ボーイング社が開発を始め、1984年から量産が始まった戦闘ヘリです。
冷戦時代のワルシャワ条約機構軍の、戦闘車両部隊に対抗するために開発されました。
重武装・重装甲により「空飛ぶ戦車」とも言われる機体です。

陸上自衛隊では第2世代の「D型」を、2005年から取得・配備をはじめました。
このD型の特徴であるローターマスト上の「ロングボウ・レーダー装置」は、
対地ミリ波レーダーで目標に対する広範囲な索敵能力を持ちます。

機首前方には赤外線・光学センサー類からなる目標捕捉、指示照準装置(TADS)、操縦用暗視装による火器管制装置を備えます。
コックピットはチタン合金製の装甲が施され、パイロットの生存性を高めています。
メインローター部分も23mm機関砲弾の直撃を受けても、30分は飛行可能な構造になっています。

AH-1Sコブラの後継として調達を始めましたが、1機約50億円と高価なため少数しか調達が進みませんでした。
その後、ライセンス元からの部品調達が行えなくなり、13機で調達終了となりました。

航空学校以外で部隊配備されているのは、西部方面隊の第3対戦車ヘリコプター隊(目立原駐屯地)のみです。
13機ではコブラの後継とはなれないため、後継機種を選定しなくてななりません。
CRFエンブレム