KOZUE_CRF
KOZUE_CRF
CRFエンブレム

155mm榴弾砲 FH-70

155mm榴弾砲FH-70
155mm榴弾砲FH-70
155mm榴弾砲FH-70|自走形態
155mm榴弾砲FH-70|自走形態
155mm榴弾砲FH-70|榴弾砲後方
榴弾砲後方
155mm榴弾砲FH-70|榴弾砲後方
榴弾砲後方
155mm榴弾砲FH-70|砲弾装填部分
砲弾装填部分
155mm榴弾砲FH-70|自走操作部分
自走操作部分
155mm榴弾砲FH-70|パノラマ眼鏡部分
パノラマ眼鏡部分
155mm榴弾砲FH-70|砲脚ブレード
砲脚ブレード
155mm榴弾砲FH-70|155mmH砲弾
155mmH砲弾(模擬)
155mm榴弾砲FH-70|155mmH砲弾
155mmH砲弾(模擬)
155mm榴弾砲FH-70|装薬(模擬)
装薬(模擬)
155mm榴弾砲FH-70|射撃操作訓練
射撃操作訓練
155mm榴弾砲FH-70|射撃体勢へ展開
射撃体勢へ展開
155mm榴弾砲FH-70|射撃体勢へ展開
射撃体勢へ展開
155mm榴弾砲FH-70|装備品展示
装備品展示
155mm榴弾砲FH-70|自走による移動
自走による移動
155mm榴弾砲FH-70|牽引による移動
牽引による移動
155mm榴弾砲FH-70|観閲行進
観閲行進
155mm榴弾砲FH-70|観閲行進
観閲行進
155mm榴弾砲FH-70|射撃準備
射撃準備
155mm榴弾砲FH-70|空砲射撃
空砲射撃
155mm榴弾砲FH-70|空砲射撃
空砲射撃
155mm榴弾砲FH-70|多砲門空砲射撃
多砲門空砲射撃
155mm榴弾砲FH-70|降雪時射撃
降雪時射撃
155mm榴弾砲FH-70|多砲門空砲射撃
小隊行進
155mm榴弾砲FH-70|実弾射撃
実弾射撃
155mm榴弾砲FH-70|多砲門実弾射撃
多砲門実弾射撃
装備品性能詳細
配  備 1983年
価  格 約3億6000万円
口  径 39口径155mm
弾  薬 155mmH
全  長 約9.8m(牽引時)|約12.4m(射撃体勢時)
砲 身 長 約6.02m
全備重量 約9.6t
最高速度 16km/h(補助動力による走行)
作動方式 垂直鎖栓式砲尾
給弾方式 半自動装填
砲身寿命 3000発
発射速度 6発/分
有効射程 通常弾|24km・噴進弾|30km
初  速 827m/秒
操作人員 9名
開  発 ・ビッカーズ(英)
・ラインメタル(独)
・OTOメララ(伊)
EU3カ国による共同開発
製  造 榴弾砲|日本製鉄所(ライセンス生産)
補助動力|富士重工(ライセンス生産)
装備品概要
1978年にイギリス、ドイツ、イタリアによる、EU3カ国で共同開発された牽引式榴弾砲です。
陸上自衛隊では155mm榴弾砲M1、105mm榴弾砲M2A1の後継として、1983年より配備を始めました。

初弾装填後は鎖栓が自動開放され、そこへ砲弾と装薬を押しこみ射撃体勢が整うため、迅速な連続射撃が行えます。
射撃データはコンピューターと連動して、後方に陣地展開する射撃指揮班へ
正確なデータが送られるため、正確な射撃を行う事ができます。

特徴としてAPU(Auxiliary Power Unit)と呼ばれる、1800ccガソリンエンジンによる補助動力を装備します。
フォルクスワーゲン社が開発した装置で、富士重工がライセンス生産を行っています。
この補助動力により、短距離なら約16km/hの速度で自走して、陣地転換する事もできます。

通常はトラックで牽引して陣地進入しますが、射撃後に自走して離脱する事で生存性を高められます。
北海道以外の特化部隊に配備されていますが、配備から25年以上経過していて旧式化が進んでいます。

「装輪式自走榴弾砲」の開発が進められています。
CRFエンブレム