KOZUE_CRF
KOZUE_CRF
CRFエンブレム

10式戦車

10式戦車
10式戦車
10式戦車|技術本部試作4号車
10式戦車|技術本部試作4号車
10式戦車|正面
車体正面
10式戦車|後部
車体後部
10式戦車|スラローム走行
スラローム走行
10式戦車|スラローム走行
スラローム走行
10式戦車|広報センター展示車
広報センター展示車
10式戦車|通常走行
通常走行
10式戦車|空砲射撃
空砲射撃
10式戦車|富士学校展示試作車
富士学校展示試作車
10式戦車|小隊観閲行進
小隊観閲行進
10式戦車|急旋回
急 旋 回
10式戦車|10式戦車の洗車
10式戦車の洗車
10式戦車|装備品展示
装備品展示
10式戦車|スラローム走行から射撃
スラローム走行射撃
10式戦車|実弾射撃
実弾射撃
装備品性能詳細
配  備 2009年12月
価  格 約10億700万円
全  長 9.42m
全  幅 3.24m
全  高 2.30m
全備重量 約44t
最高速度 約70km/h
搭載機関 水冷4サイクルV型8気筒ディーゼルエンジン
出  力 1,200PS/2,300rpm
乗  員 3名
装填方式 自 動 装 填
ネットワーク C4I
武  装 44口径 120mm滑空砲 × 1
12.7mm重機関銃 M2 × 1
74式車載 7.62mm機関銃 ×1
開  発 防衛省技術研究本部
製  造 車体、砲塔|三菱重工業
主 砲|日本製鋼所
装備品概要
軽量、コンパクトな戦車を目指して、1996年から研究が始まり、
2001年より開発が開始され、2009年12月に制式化された、最新の主力戦車です。

軽量化された車体のため、主砲射撃時の衝撃緩和の目的で、半能動的制御のサスペンションが採用されています。
車体側面の鋼鉄製スカート下部には、ゴム製スカートが設置された事で、ステルス性を向上させています。

装甲は敵の脅威に応じて換装可能な、外装式モジュール装甲で、爆発反応装甲(リアクティブアーマー)の使用も可能です。
基本装甲自体は複合装甲で、90式戦車にも採用されていましたが、20年の研究で軽量で90式戦車以上に強固な装甲です。

ライセンス生産で培った技術により、日本製鋼所で開発された国産の44口径120mm滑空砲は、
軽量で燃焼効率向上で威力が向上しています。

C4I(指揮・統制・通信・コンピュータ・情報)機能での情報リンクにより、
普通科部隊のネットワークシステムと連携して、作戦行動が行える様になっています。
観測ヘリや戦闘ヘリとも情報リンクを行って行動が行えます。

車内の大型モニターには敵の情報が表示され、射撃ボタン以外にもタッチパネルにより射撃を行う事もできます。
90式戦車ではなく74式戦車の後継として開発されています。
CRFエンブレム